夢の奴隷

これはだれかへのメッセージではなく自戒なのだが、夢の奴隷にだけはなりたくない。
夢というのは、そもそもかなわないものである。
むしろ、かなわないことそのことに、
強調するがまさにその部分に夢の意義があるとさえ言ってもいいのではないか。
いったい夢がかなう人というのはどのくらいいるのだろう。
夢は人によってさまざまだから正確な統計は取れない。
なかには結婚や正規雇用が夢というまっとうな常識人もいるのだろうが、
さすがにこれはカウントしないことにする。
老人に聞いてみたらどうなるだろう? むかしのあなたの夢はかないましたか?
だれに聞いても夢などかなわなかったと言われるのではないかと思う。

夢に向かってアクション(努力とは言いたくない)していると、
夢とは異なる形で人生が開かれることがたまさかある、というのが実際なのだろう。
願っていた夢の通りにはならなかったけれども、ある地点に到達してしまった。
行きたかったところとは違う場所に着いてしまったが、まあ、そこも悪くない。
なぜならまさにその場所を目的地(=夢)にしている人が大勢いるのだから――。
これで不満を言ったら申し訳ない、と老いた彼(女)は思う。
そのほどんどがかなわない夢の、実効的な面があるとすればこのくらいだろう。

本当は夢などなくてもいいのである。
夢なんかないほうがよほど幸福なのかもしれない。
というのも夢を強く意識すると、夢がかなっていない現在が不幸に感じられるでしょう。
夢がなければいまの幸いを味わえるのに、夢のせいで不幸になってしまう。
いまもさほど悪くないのに、夢を持ってしまったがために現在が辛くなる。
だったら、はなから夢なんて持たないほうがいいと思いませんか?
夢は取り扱い注意の危険物であることをもっと広くに知らせるべきではないだろうか。
なぜなら、新興宗教、自己啓発セミナー、創作スクールの餌食になるからである。
ああいうのは言ってしまえば、夢を売る商売なのだ。
人の夢を食い物にしている。
夢がかなわない? ならこれをしてみなさい、とちゃっかり請求書を差し出す(苦笑)。
ひどいところは夢を無理やり売りつけようとしてくる。
さほど大した職業でもない作家やライターをバラ色の夢世界のように洗脳してくる。
こんな洗脳をされたら、現在の不遇感が強まるばかりでしょう?
だいいち作家やライターになれるのは極めて少数なのだから(事実として)。
夢を売っている商人連中は、同時に不幸も売っていることに果たして気づいているのか。
いまのままでも十分に幸福なのに(あるがままでいい!)、
おかしな宣伝文句のせいで「作家になれない不幸な私」が作られてしまう。

ほとんどの夢はかなわない。だったら、夢を持つのは不幸でしょう?
人気俳優になりたい=人気俳優になれない不幸な私。
お笑い芸人になりたい=お笑い芸人になれない不幸な僕。
お金持になりたい=お金持になれない不幸な人たち。
いまどれほど多くの日本人が夢の奴隷になって苦しんでいることか!
夢のためにしなくてもいい我慢や苦労を背負い込んでいる。
我慢自慢や苦労自慢を見ると、その奴隷根性にむしろ怖れさえ抱くくらいである。
どうしてかないもしない夢のために、多数の人間が苦しんでいるのか。
何度も繰り返すが、夢はかなわないもの! 人生、思うようにはいかないぞ!
願った通りの夢がかなう人など、いったいどのくらいいるのか。
1万人にひとりくらいではないか。
もっと多く見積もって、かりに千人にひとり夢がかなうとする。
これがどのくらいの確率かご存じか?
35歳男性が1年後に死亡している確率とおなじである。
わたしが1年後に死んでいると思う人はどのくらいおられますでしょうか?
夢というのは、このくらいかなわないものなのである。0.1%とはこういうことだ。

しかし、どうしようもなく人間は夢を持ってしまう。
これはもしかしたら不幸をも味わえるふところを
人間は持っているということなのかもしれない。
持つまい持つまいと思っていても、人間存在は夢を欲してしまう。
あえて苦しむようなところが人間の生き方にはある。
逆に言えば夢を持っていない人間などいないでしょう?
人はみな(本物の聖人や賢人は除く)どうしようもなく夢を持っている。
このとき、夢をどうするか? 
夢の奴隷にはならず、うまく夢と戯れたらいいのではないかと思う。
上手に夢と遊んでいきたい、とわたしは思っている。

COMMENT

- URL @
08/03 20:45
. こちらの記事を拝見し、夢=欲? と思いました。
Yonda? URL @
08/03 23:37
名無しさんへ. 

そうですか――。
一読者 URL @
08/06 01:14
. 夢を持ってしまい尚且つ夢に期待するから現在の状況に不遇感が強まる、という現象はすごくよくわかります。なぜならまさに自分がその状況だからです(笑)

その夢を持ったきっかけや動機は一体何だったのかということが本当は一番大事だとは思うのですが、「それで食べていきたい」や「職業にしたい」と思うからおかしくなってしまうんでしょうね。

例えば小説を書き始めた動機が、「書かずにはいられないから」や「人を楽しませたい」だったら、職業にならなくてもひたすら書き続けてるだけできっと幸福だったはずです。

職業につながる(したい)夢は夢と考えない方が良いのかもしれません。超ポジティブですが、転職活動と考えることにします。
Yonda? URL @
08/07 02:11
一読者さんへ. 

ご性別、ご年齢、生活環境がわかりませんから、なんとも申し上げられませんが、ご意見をここにお書きになってすっきりされたのではないでしょうか。まあ、百年にも満たぬ短い人生など夢のようだとも言えるわけですから、なるべく好きなことをしたいものですね。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2735-b2130166