FC2ブログ

「『頭がよい』って何だろう」

「『頭がよい』って何だろう」(植島啓司/集英社新書)

→いまは肩書が限りなく無職に近いだろう植島啓司にはまっている。
むかしからのファンにはいまごろ? とあきれられるかもしれないけれど。
書物(人間もそうだと思う)との出逢いは機縁だから熟すまで時間がかかるのかもしれない。
ものの見方が新しいのでたいへんな刺激を受ける。
我われは日々考えているが、それは本当に考えているのだろうか?
なにか大きなものの手のうえで踊っているだけではないか?
本当に考えるということは、その大きな手さえ疑わなくてはならないのではないか?
さて、どうしたら一歩、さらにもう一歩、思考の自由に近づけるのか?
この問いに答えようという巨大な野心が、この小著から感じられる。
多くの問題(パズル、なぞなぞ等)が本書において提示されている。
重要なのは答えではない。本書では問いのほうが答えよりも重んじられている。
もっとも多く紙面が割かれているのは、
問いから答えにいたるプロセスにおける「間違える」という行為である。

人間は間違える生き物である!

人間となにを比べてこの定義が得られたのかといえばコンピュータである。
ロボットやアンドロイドは間違えない。
ひっくり返せば、人間がコンピュータ的なるものを発明したおかげで、
新たな人間の定義を得ることができたということなのだろう。
人間は、人間ならば、どのように努力をしても間違えてしまうことがある。
わたしの専門(?)の演劇で見てみたら、この定義ほど豊饒なものはあるまい。
ほとんどの劇は、登場人物が間違えることで芝居が先に進んでいるのだから。
人間にとって間違えるということは宿命的に定められたことなのかもしれない。

ならば、間違えるとはどういうことか?
コンピュータはなぜ間違えないのか? 
問いとはなにか? 答えとはなにか? 人間とはなにか?
AかBか――二者択一の問題があるとしよう。どちらかが正しい答えである。

「パソコンを使うことによって人間がもつ固有の能力のある面が失われていくのは、
ある程度仕方がないことだ。何かを得たら何かを失うのは当然の摂理である。
ただ、それを単に進化の代償としてパッと切り捨てていいものかどうか。
AかBかではなく、AもBもとか、AでもなくBでもないとか、
同時にAでありBであるとか、さまざまな考え方があるはず。
後に述べる機会もあるだろうが、
世の中には単純な二進法では理解できないことの方がむしろ多いのである」(P20)


AかBかの二者択一の問題で間違えとされるのは――。
1.AもBもどちらも正しい。
2.AもBもどちらも間違い。
3.A=Bである。
以上の3つが「AかBかの二者択一の問題」における間違いとされる。
だが、どうしてこの問い自体が間違えているのではないかと疑わないのだろう?

試験問題で二者択一があった場合、上記1~3の回答はどれも不正解とされる。
だから、大人はAかBのどちらかが正しいのだろうと考える。
しかし、そこに人間の不自由があるのではないか? 大人の不自由はそこではないか?

「アインシュタイン自身も、自分が特殊相対理論などを着想できたのは
知的発達が遅かったからだ、と認めている。
子どもでもなければ考えないような問題を
大人になって考え続けたことが逆によかったというのである」(P105)


しかし、子どもは大人に比して多くの間違いをおかす。
どうして間違いの多い人間が新発見をしたりするのだろう?
問いをひっくり返す。
どうしてコンピュータ自身は発見をしないのだろう?
たとえば、なぜロボットは自分がロボットだと気がつかないのか?
コンピュータに計算をさせたら百発百中である。
だが人間の場合、24時間寝かさずに計算を課したら、うっかり間違えてしまうことがある。
皮肉なことに、これが人間が人間たる証明ということになろう。

「もしかすると人間とアンドロイドを分けるのは、
この<頭の悪さ>になるのかもしれない。
間違える自由こそ、人間にとってなくてはならないものだからである。
そうなると、これまでの<頭の悪さ>は
近い将来に<頭のよさ>に逆転する可能性もある」(P156)


どうやらコンピュータよりも人間の頭が悪いからこそ新発見が生じるようである。
人間は頭が悪いから間違える。

「そう、人間にとっては、間違えることにこそ、
あらゆる創造力の源泉があるともいえる。(……)むしろ、
生物にとっては「間違える」ことによってこそ新しい発見も可能となるのである。
いや、生きることそのものが間違いの連続なのである。
仏教の教えのように<それをすべて受け容れて逆転させる>発想もあるし、
その対極に、<それだからこそ、生きることを全肯定する>
という考え方も可能となってくる」(P142)


人間の持つ創造性の根源にそろそろ近づいているのかもしれない。

「おそらくコンピュータと人間の違いがもっとも際立つのは連想の機能だろう。
それがなければ、
会話中に新しい話題や事柄を適切にもち出すことができないに違いない。
新しい発見のほとんどには間違いなくこの連想の機能が関係している。
ただし、それは狙いどおりに実験が成功するかどうかではなく、
当事者にとって意外な展開を示すことによってもたらされることも多いのである。
いや、極端にいえば、
連想の機能とは意図的に<間違える>機能といえるかもしれない」(P157)


しかし、なかなか間違えるのもたいへんではないか?
なぜなら、我われは日々なるべく間違えないように注意しながら生きているのだから。
間違いの多い人生は当人にとって苦痛と感じられるはずである。
だが、まさにその間違いにしか創造性がないとしたら、いったい人はどう生きるべきか?
間違えようと思っても、そうそう間違えられないのである。
いっぽうで、どうしてか間違えの多い人間というのも存在している。
そもそも間違えようと思って意図的になした間違いから新発見は生まれないだろう。
ふたたび、我われはどのように生きるべきなのか?

COMMENT

村石太レディ&宿題先生 URL @
11/23 11:49
人生研究会(名前検討中. こちらのプログ おもしろいですね。
日本における 学歴 学校教育 で 判断することもあるのかなぁ?頭がいい 悪い 集中力 記憶力~
その人の生きる環境 悪と正 そして 仲間~
正しい生き方を 誰かが 解いていて その通りに 生きたら 素晴らしい人生なら いいけどなぁ。
間違いは しないほうが いいけれど 少しの間違いは起きる 一般の人は 犯罪を 犯さないように 生きている。思考錯誤の中で 失敗と成功が あると人は言う。
原因と結果の中で 人は bati と 功徳が あるという。

Yonda? URL @
11/24 11:02
村石太レディ&宿題先生さんへ. 

……大丈夫ですか? わたしも最近歩きながらぶつぶつ独り言をいっていることがあります。危険な兆候です。お互い気をつけましょうね。まあ、こちらに比べたらほとんどの人が大丈夫でしょう。失礼しました。それから、そうそう、「おもしろい」とのお褒めのお言葉ありがとうございます。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2548-2dde00b4