「声をなくして」

「声をなくして」(永沢光雄/晶文社)

→故人には失礼な紹介の仕方かもしれないが、
ライター永沢光雄氏は「AV女優」の一発屋という印象が強い。
わたしもインタビュー集「AV女優」から氏に関心を持ち始めたくちである。
永沢がガンで声を失ったのは、平積みされた本書で知ったのだったか。
かわいそうだとは思ったが、当時こちらも平穏無事とは言いがたく、
1890円もの金銭を支払って他人の不幸に同情する余裕はなかった。
近頃ブックオフの105円棚に並んでいたのでようやく手に取った。
言うまでもなく、酒を呑みながら読む書籍である。

人生、わからないよな。失礼は承知だが、不幸自慢の本である。
ところが、ところが、永沢光雄は経済力のある女性にヒモとして飼われている。
それどころか、愛されてさえいるのである。愛される! これほどの喜びがあろうか。
ヒモの永沢は毎日、朝から焼酎を飲み始める。
ところが、ところが、永沢の人徳か、医者はだれもこの飲酒癖を批判しない。
永沢光雄はガンで声を失ってかわいそうなのである。
だが、熱心な編集者が幾人もいて原稿依頼が絶えない。
いまは依頼がなくても書きたがるものが大勢いる時代。
作家の永沢光雄先生は編集者から原稿依頼されても書かない天才肌のようだ。

うらやましいご身分だが、ガンの苦痛を思うとやっかむこともできない。
生涯に1冊の書籍を公刊できるだけでも恵まれた人生なのである。
ひとりの女から熱愛されるだけでも、男として生きている甲斐があろう。
(永沢は風貌に似合わずもてたらしい)
ベストセラーを出版できる人間など、本当に限られているのである(「AV女優」!)。
どうなのかわからない。
43歳でガンになる不運は、これらすべての幸運を相殺できるのだろうか。
少なくとも作家はおのれを幸運とは思っていなかったようである。

これは本書の「少し長いあとがき」からもうかがえる。
ヒモとして女から尽くされたベストセラー作家の永沢光雄先生は説教をしている。

「私は、言う。ちゃんと言う! みんな死ぬな!」(P297)

バカヤロウ! 人間は死んでもいいんだよ、永沢さん!

COMMENT

- URL @
09/24 05:16
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
罧原堤 URL @
09/24 17:26
. こんばんは。板橋在住底辺フリーターフシハラツツミ参上。
こんど板橋駅前噴水ベンチで飲みましょう。あそこでしょっちゅう飲み会ひらいてます。
- URL @
09/26 16:37
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
10/04 07:36
罧原堤さんへ. 

どなたか存じませぬが、お誘いいただき、ありがとうございます。
えむごん URL @
10/05 01:43
. いいですね~♪
ネットを通じてファンの方の交流が広がってますね。
yondaさんの表現の世界が、ますます広がりますねo(^-^)o
Yonda? URL @
10/07 04:40
えむごんさんへ. 

ほんと出逢いはご縁ですよね。
世界には「見えるもの」と「見えないもの」がございます。
ご縁などというものは、もっぱら後者を代表するものなのでしょう。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2155-8750fc6e