FC2ブログ

山田太一情報

こういう情報は共有しなければなりません。
BSフジで放送中のドキュメンタリー情報番組「堂々現役~巨匠からのメッセージ」に、
脚本家の山田太一さんが出演します。
放送は12月14日の21時から55分。再放送は21日。
この番組のメインキャスターは福田和也なのですが、だいぶ痩せたようですね。
いえ、どうでもいい話です。

もちろんBSに加入していないわたしはこの番組を視聴できません。
数少ないつてを当たるつもりですが、おそらく無理でしょう。
不可能だったらいさぎよくあきらめます。断念します。
山田太一ドラマからわたしが教わったのは断念の美学だからです。
あきらめるのは弱いとばかりかぎらない。あきらめるのはある種の強さが必要だ。
努力すればみんな夢がかなうなんていうのは幻想に過ぎぬ。

どうしていまのテレビドラマは「前向き」なものばかりなのでしょう。
昨今のドラマを見ていて興醒めするのはテレビから説教されることです。
がんばろう。あきらめるな。前向きになろう。夢はかならずかなう。
シナリオ作家がみなみな、なにかおかしな宗教にでも入っているのかと疑ってしまいます。
それは広告主にとっては都合がいいのでしょう。
みんながんばってお金を稼いで必要もない新商品をたくさん買おうね。
ばんばん恋愛して実体価値にそぐわない高いだけの不用品をありがたがろうね。

反吐がでるほどくだらないではありませんか。
山田太一は断じて、このような「前向き」ドラマを書きませんでした。
「前向き」なラストを書いたとしても、裏にはかならずなにかの断念がありました。
「ふぞろいの林檎たち」の柳沢慎吾はいくら「前向き」になっても、
手塚理美や石原真理子といった美女には相手にされなかったでしょう。

いささか話が飛躍してしまいました。
BSフジを視聴可能なかたは、ぜひぜひわたしの代わりにこの番組をご覧くださいませ。

(ソース)
http://blog.television.co.jp/entertainment/entnews/2008/11/20081127_07.html

COMMENT

Tami URL @
12/16 00:50
無念はあるものの. BSフジ視聴不可の環境ですのでYonda?さんの代わりは果たせませんでした。
おそらくは山田氏がこれまで語っておられていることと重なる内容と思いますが、それでも氏が語られるご様子が映し出されるひとときに出逢えなかった無念はあります。
でもおそらくはこうだろうなどと想像する楽しみなどというものは得られる。
悔しまぎれと言われればそれまでですが、これは氏がよく言われる「マイナスも悪いことばかりではない。むしろマイナスがあることがものごとを豊かにする」ということに少なからず通じているのではないかと勝手に思ったりしています。

Yonda?さんの「つて」が活きて、ご覧になれるといいですね。
Yonda? URL @
12/16 07:20
Tamiさんへ. 

わたしも視聴していません。
見られる「つて」はなかったです。
どうしようもないものはあきらめるほかありません。

日々、山田太一ドラマに生かされています。
よく通勤の満員電車のなかでドラマのワンシーンを思い出します。
といっても、わたしは主にシナリオで読んでいますから、
正確ではありませんが。
シェイクスピアで生きる日本人は極めて少ないでしょう。
けれども、山田太一ドラマは違います。
かの脚本家のドラマで生きることができます。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1895-6ec60c6f