「私は障害者向けのデリヘル嬢」

「私は障害者向けのデリヘル嬢」(大森みゆき/ブックマン社)

→著者の大森みゆき(仮名)は現代に舞い降りた天使ではないかと思う。
いくらカネを取るとはいえ、彼女の存在が身体障害者のどれほどの慰めになったか。
山田太一が「男たちの旅路」で身体障害者の性欲を描いたのはおよそ30年まえ。
障害者問題は少しずつ改善していっているのかもしれない。
さて、どうして大森みゆき(仮名)は身体障害者の性のはけ口を志願したか。

「身体障害者のお客様なら、比較的女性に慣れていないような気がして、
過激で高度なテクニックを持たない私でも
手や口のサービスだけでイカせられるかも、と思ったからだ」(P38)


動機はなんでもいい。あんたは偉い! えろいではない、えらい!
いざ始めてみるといろいろな発見があったという。
たとえば、身体障害者のチ○○○はチ○○がたまっていて非常に不潔である。
自主規制はやめよう。
身体が不自由な人のペニスは恥垢が異様なほどたまっているらしい。
さすがのヘルパーもそこまでは洗わないからだ。
これをフェラチオをするのは地獄だったと大森みゆき(仮名)は述懐する。

盲目の人でおかしな人がいたという。風俗嬢はお客さんに抜いてもらおうと思う。
だが、この盲人は目も見えないくせに(いや、それだからか)、
やたら女をイカせることに執心していたという。
著者はひたすら演技をした。
顧客は1回も射精しなかったが、これで満足したらしい。
なんともリアルな実体験である。

言語不自由のみならず手足さえも動かぬ障害者を相手にしたときの告白は壮絶だ。
まず大森みゆき(仮名)は全裸になる。
それから四苦八苦してお客さんの衣服を脱がせる。
このときも言葉によるコミュニケーションができないのだから骨折りである。
言葉も通じない相手の男根をどうにか刺激して射精まで持ってゆく。
大森みゆき(仮名)は結局、最後まで顧客が満足したのかどうかわからなかった。
しかし、この障害者と意思疎通の可能なヘルパーによると、
身動きもままならぬ当該人はかつて味わったことのない満足を経験したという。
著者はこの仕事に圧倒的なやりがいがあることを知る。

本書における大森みゆき(仮名)の主張はこうである。
身体障害者にも性欲があって当たり前だ。
日本社会はどうにかして障害者の性欲を充足させるシステムを作るべきではないか。
わたしはまったく賛成である。
著者の勇気ある告白に拍手したいと思う。

けれども、最後のメッセージがいけない。
大森みゆき(仮名)が身体障害者に説教をするのである。
いわく、あきらめるな!
かの風俗嬢が仕事をしていたとき、驚いたのは障害者がみんな恋愛をあきらめていたこと。
それではいけないと風俗嬢は訴える。
たとえ身体障害があろうと自分を磨けば、必ず恋愛対象は現われる。
だから、あきらめるな!
どこかのテレビ局の障害者特番を真に受けたのだろう。

申し訳ないが、著者の主張は矛盾していると指摘したい。
障害者は性欲を持て余している。だから、せめてデリヘル設備を充実すべきでは?
これが大森みゆき(仮名)の提言のひとつ。
もろ手をあげて賛成したい。
だが、おなじ著者が障害者に自由恋愛をあきらめるな、と訴えるのはおかしくはないか。
自由恋愛が可能ならデリヘルなどいらないのだから。
大森みゆき(仮名)は、
自分だったら内面がすぐれていれば障害者とも恋愛をすると宣言している。
この発言がどれほど残酷か気づかないのだから、さすがは低知能の風俗嬢である。
これを読んだ交際相手のいない障害者は自分の内面がダメなのだと絶望するだろう。

ながながと書いてきたことをお詫びしたい。
風俗嬢あがりの、まだ二十歳そこそこの小娘の発言に本気になるのは阿呆である。
本人も書いた意味を、それほど深くは考えていなかったと思われる。
著者を責めるのは忍びない。よくもまあ障害者の汚い○○○を
舐めつづけてくれたものだと拍手してこの記事を終わろう。
そこいらのボランティアより、よほど大森みゆき(仮名)は立派ではないか。

COMMENT

るーてー URL @
10/17 12:59
. comment

『自分だったら内面がすぐれていれば障害者とも恋愛をすると宣言している。』

当然、彼女はそのように宣言するのではないかと思います。
彼女は風俗嬢ですから、お客様に聞こえるところで「客なんて恋愛対象外だ」とは言わないでしょう。
「素敵なお客様なら、恋愛に発展するかも」と言って、客に夢を売るのも彼女の仕事の一部でしょうから。

当該の本を読んでいないので、何とも言えませんが、彼女を「低知能」と言ってしまうのは、ちょっと違和感があります。
Yonda? URL @
11/06 23:53
るーてーさんへ. 

もてない男のひがみですので、どうか失言はお許しいただきたくorz....








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1843-20e5a814