FC2ブログ

「脱ぐしか選択肢のなかった私。」

「脱ぐしか選択肢のなかった私。」(波乱万丈インタビュー制作委員会/英知出版)

→AV女優11人のインタビューを集めたもの。
アダルトビデオは好きではない。どこがおもしろいのかさっぱりわからない。
ただやっているだけでしょう。まるで動物じゃないか。
動物はなまで見るからせめてもの感興があるのであって(動物園!)、
動物をただ録画した映像など、たとえそれが交尾シーンだとしても退屈極まりない。
「物語=意味」こそ人間が人間たるゆえんである。
わたしはむしろ交尾シーンがカットされているものに欲情する。
見えないもの、隠されているもののほうがよほど煽情的ではないだろうか。
もしかしたらとても恥ずかしい性的嗜好を告白してしまったのかもしれない。
ムッツリスケベなどという死語でカテゴライズされるくらいなら死んだほうがマシだ。

本書の感想を書こう。
AV女優の壮絶な人生が赤裸々に語られるというのが本書の売り。
悪くない企画だと思う。ひとの不幸はなんだかんだいってもおもしろい。
といっても、ありがちなんだけどね。
義父にレイプされた。兄との近親相姦的関係。まあ、トラウマだな。
それから親の貧乏、離婚、アル中、性的乱倫といった古典的な不幸。
たしかに過激なのだけれども、どこかで聞いたような話ばかり。
なまの手ざわりといったものが感じられない。
まあ、そういう固有性を扱うのが文学で、まさか英知出版の本に期待してはいけない。

それにこういうことを言っちゃあれだけど、
AV女優はまだ恵まれているほうなのである。
なにしろアダルトビデオに出られるほどの容姿を持って生まれている。
おなじような生育環境で不美人な女性はいくらだっているはずである。
そのうえ本書に登場するのは人気AV女優ばかり。
世の中には一度もスポットライトを浴びずに死んでゆくものがいくらだっているのだ。
(たとえば、わたしのようにね!)
ほんの一時期でもちやほやされる幸運を得たのだから、あまり贅沢を言ってはならない。

英知出版さんへお願い。
本書は、ありがちながら、人間の根源的知識欲を満たす良書だと思う。
できましたら次回は、写真をもっと多くしてもらえませんか。
AV女優の不幸自慢はいまのままで構わないのです。
けれども、女優さんの写真を増やしてほしい。
カラーは言うまでもなく、プライベート写真からヌード、カラミ写真まで多様に。
「物語=意味=左脳」と「外見=視覚=右脳」が合体したら最強だと思う。
頼みましたからね。

ちゃんと読んだという証拠に一箇所くらい引用しておこう。AV女優、若葉かおり。

「これまでの人生を振り返って? 『重かったなぁ』の一言です(笑)」(P250)

うん、この子は顔もきれいだし、あたまも切れる。わかっている。
人間はそれぞれいろいろなものを持って生まれてくる。
その軽重が人生のドラマを形づくる。重いものを持って生まれてくるものがいる、
いっぽうで比較的、軽めの境遇で誕生するものもいる。
おのおの重さは違う。他人に重量を分担してもらうことが、ときに可能なこともある。
けれども、たいがいの場合、重みと向き合えるのは自分でしかない。
重みに押しつぶされるものがいる。重みをなんとかこらえるものがいる。
この重みはいったいなんによってもたらされるのか。宗教の世界である。
つまり、アダルトビデオは宗教の門を開くきっかけともなりうる。

COMMENT

- URL @
09/24 00:21
. 英知出版は倒産しましたよ
Yonda? URL @
09/24 00:31
名無しさんへ. 

知らなかったです。倒産したんですか。
たしかに思えばこの本、怪しかったです。
ブックオフ105円本。
なのに売上カードが挟まれている。
ふつう新刊書店で抜くあれです。
不良在庫をばらまいたのでしょうね。
いやあ、出版不況は深刻です。
ムー大陸 URL @
09/24 01:36
えええ. わが甘酸っぱ、くもなんともな、い青春の英知出版が…
『デラべっぴん』よ永遠なれ!!
Yonda? URL @
09/24 01:44
ムー大陸さんへ. 

泣こう。あきらめよう。笑おう。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1832-36b23595