「無責任のすすめ」

「無責任のすすめ」(ひろさちや/ソフトバンク新書)

→ひろさちや先生のご本は、わたしにとって精神安定剤のようなもの。
薬としては効くわけである。
薬効のない書籍なんてたくさんあるから、体質に合っているのでしょう。
けれど、効き目が長続きしない。あっという間に元に戻ってしまう。
だから、定期的にひろさちやを入れなければならない。
ひろさちや中毒。なんかむかしのヒロポン中毒みたいでおかしい。くすっ。
先生のご著作は500冊以上あるから、読んでも読んでも終わらない。
もしかしたら頭脳優秀なひろさちや先生のこと。
すべては計画のうちなのかもしれない。
家電メーカーが壊れやすいものをあえて製造するようなもので。
製薬会社もどうやって収益をあげるか考えたら、患者を中毒にしてしまえばいいのだから。
精神安定剤のデパスなど、さぞ中毒者が多いと思われる。
わたしもそのひとり。デパスはよく効く。おなじように、ひろさちやも効く。
デパスとひろさちやは心弱き者の味方です♪

COMMENT

- URL @
09/08 23:44
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
09/08 23:51
酎さんへ. 

ひろ先生、評判よくないんですか?
たしかに先生は(失礼ですが)苦労知らずのような……。
ご子息も東大。
およそ不幸とは縁のない御仁です。

人生は、でたらめ。
だから、あきらめよう。
つまり、いいかげんでいいんだ。

以上が「で・あ・い」の思想。
これ結構な救いだとわたしは思っております。
香山リカはもちろん大嫌いだけど。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1811-cbcce672