「文章を書くこころ」

「文章を書くこころ」(外山滋比古/PHP文庫)絶版

→そうだよなあ、と思ったことをまとめてみる。

・制限文字数が短い文章ほど書くのに時間がかかる。
長い文章は思ったよりもずっと書きやすい。短くまとめるのが難しい(P18)。

・読んでくれる人がいることで文章が上達する(P38)。

・「熟したテーマは向うからやってくる」(バルザック)
テーマが熟してくると、放っておいてもテーマが書いてほしいと呼びかけてくる(P57)。

・せっぱつまって早く書かなければならないときほど、かえっていい文章になる。
時間をかければいいというものではない(P62)。

・わかりやすい文章を書くコツは、おなじ言葉を繰り返さないこと。
400字の原稿用紙なら1枚の中におなじ語を用いない覚悟が必要(P122)。

・接続詞はなるべくカット。いきおいよく飛ぼう(P126)。

・音読しながら書くと、耳ざわりな文章を避けられる。「~~が~~が」など。
名文を音読することで耳が鍛えられる。結果として文章もうまくなる(P152)。

初めて知ったようなことはひとつもない。
どれも日ごろ文章を書きながら気にかけていることである。
初心忘れるべからずと、あえて箇条書きにしてみた。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1809-10ee69a1