FC2ブログ

うらめしや東大

果たして人が酔っぱらって話すことは本音だろうか。
酒をのんで腹のうちをさぐりあう、という。
だが、人間はほんとうに酒に酔ったら本心を白状するのだろうか。
もしかしてそのような通念は大きな間違いをはらんでいるのではあるまいか。

昨日13年ぶりに東京大学本郷キャンパスの学食へおもむいた。
どうして行ったのか、いま考えてもよくわからない。
流れとしかいいようがないのである。
友人と会った。まだ日の暮れぬまえから東京ドームのビアガーデンでのんだ。
ここに来るにいたったのもほんの偶然である。
友人とは、神保町にある演劇シナリオ専門古書店、矢口書店のまえでおちあう約束だった。
この待ち合わせ場所へ行く途次、たまたまそのビアガーデンの広告を見たのである。
アサヒスーパードライ飲み放題がキャンペーン価格で、90分たったの1000円!
うっひょお、と思ったものである。
外で酒をのむのを好まないのは、もっぱらふところ事情による。
これだったら家でのむよりはるかに安上がりである。

久しぶりにのむビールはうまかった(ふだんは第三のビールゆえ)。
ハイペースでジョッキを空にした。
通常90分飲み放題だとラストオーダーが60分なのだが、ここは90分まるまるOK!
つまみ代をあわせても、しっかり元を取ったと思う。
気持よく酔っぱらったのである。ここからの行動が自分でも意味不明だ。
どうしてだかわたしは引越すまえの住居近所へかれを導いた。
覚えてはいないが、どうでもいい昔話をしたのかもしれない。
そこからなぜだか上野へ行くことになった。
かつて上野往復をわたしが散歩コースにしていたからだと思う。

上野へ行く過程で東京大学本郷キャンパス内を通過する。
ここでわたしの悪い虫がうずいたのだと思う。
連れを無理矢理に東大の学食へ連行する。ここでのもうというのだ。
しかし、友人は限界で、これ以上、酒をのめない。わたしだけ酒をのむことにする。
ここからが大問題なのである。わたしがなにを話したか。
白状すると、わたしは東大に落ちている。
河合塾で浪人までしたけれども、東京大学文科3類に入学することは認められなかった。
浪人生のころ仲間と1回、この東大学食に来たことがあった。
泥酔状態で、かのトラウマが「おいで、おいで」したのだろうか。
かくしてビアガーデンの二次会が東大学食になったわけである。

かすかな記憶としてしか残っていないのだが、
この学食で酔ったわたしはめちゃくちゃな発言をした。
将来有望な東大生が憎らしかったのだと思う。
「加藤くん」とわたしはいった。秋葉原通り魔の加藤くん――。
人を殺すのなら秋葉原なんかより、この東大学食にいる連中をやればよかったんだ。
こいつらは恵まれている。だれかがガツンとやってやったほうがいい。
しゃべりながら気持がよかったのを覚えている。
けれども、これは本音だろうか。
というのも、翌朝には昨夜のことをほとんど覚えていないのである。

なら、どうして思い出したのか。
先ほど、その友人から電話があったからである。
お互い、酒会のことはブログに書かぬと取り決めていた。
「書いてもいいかな」と電話口の相手はいう。「どんなことを?」
「ぶっ殺すとか、そういうこと」
この瞬間である。わたしは昨夜の暴論をほぼ正確に思い出した。
他人のことを好き勝手に書いてきているわたしである。まさか書くなとはいえまい。
だいぶ悶絶したものである。

この記事を書いた理由は明白である。ふたりの共通した知人が幾人かいる。
かれにかの女に弁明するためである。東大生をぶっ殺せというのはギャグなのだと。
ルサンチマンではない。ほんのふざけた軽口なのだと。
電話で友人に聞いたら、ブログ更新は10時半ころから始めるという。
いち早く手を打ったのはこのためである(現在9時半)。先手必勝である、がはは。

COMMENT

ムー大陸 URL @
07/25 00:09
. がはは。
Yonda? URL @
07/25 04:21
ムー大陸さんへ. 

にこにこ。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1753-7c381bb8