FC2ブログ

ぐしょぐしょ

先日、ある新書を読んだら愚書からの引用に満ちているので驚いた。
タイトルをネットで検索してみると、「献本ありがとう」と書かれたブログを多数見つける。
フリーライターの著者がお仲間に配ってまわったらしい。
ブログで宣伝してもらえば元は取れるとふんだのだろうか。
もらった本をけなす人間はめったにいないだろうから安全な投資である。

愚書が愚書を生むという悪循環があるように思う。
愚書を読んでこの程度で構わないのかと思ったものが愚書を書くようになる。
ノンフィクションでもフィクションでもいえることである。
もっともむかしから良書と愚書の比率は変わらないというのがあんがい正解かもしれない。
いや、かつて本を1冊世に出すことは、
いまよりたいへんなことだったのではないか、とも思う。

「いけない子だな。こんなぐしょぐしょにしちゃって」
「いやん、恥ずかしい。見ないで」

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1732-4a83891c