FC2ブログ
現代日本の閉塞感は異常だと思います。
いつ第二、第三の秋葉原事件が起こってもおかしくありません。
むろん、殺人はいけないことです。
しかし、人間は負けがこむと、いつしか復讐を誓うようになります。
この病をどうしたらいいか考えてみたいのです。

人生において、どうしようもなく人間はなにものかによってふるいわけられます。
勝つものと負けるものに、です。
これは近年日本で発見されたものではなく(「勝ち組」「負け組」!)、
世界各地で古代から現代まで変わることなく勝者と敗者は存在しました。
「負け組」のみなさんは自分を特別な人間だと思ってはいけません。
人生に負けた人間は過去にも他国にも信じられぬほど大量に存在するのです。
むしろ、勝利者のほうがめずらしいというのが正しいのかもしれません。

これから処方する負け薬は決してわたしが発明したものではありません。
古来より「負け組」のために与えられてきた慰めをリライトしたものです。
幼稚な思想だとバカにしないで、ぜひぜひまっさらな心でお読みください。
なぜというに、少なくともわたしには効いたからです。
この負け薬をのんだおかげで、わたしは自殺も殺人も思いとどまりました。
もちろん、あなたに効くかはわかりません。それがいちばん重要なことです。
けれども、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

あなたは負けました。今後一切の勝利が期待できないとします。
そんなことは人間世界にはないと主張する人もいますが、完全な敗北はあります。
いくら本が好きでも失明してしまったらおしまいなのです。
知的障害を持って生まれたら、大学教授になることは不可能です。
脳卒中を発症して下半身不随になってしまったらセックスはできません。
回復不能のどうしようもない敗北は哀しいかな存在するのです。

負けたときに、その不幸をどう受けとめたらいいのでしょうか。
断じて努力ではありません。
あなたが不幸なのは努力しなかったからではありません。
努力できるのもまた才能なのですから。
そのうえいくら努力しても避けられない不幸はあります。
では、かの人の不幸はなにゆえでありましょうか。
あなたはわたしは、どうして不幸なのでしょう。
こう考えてみたらという提案です。
あなたが不幸なのは前世で悪いことをしたから。
前世であなたは悪をなしたのではありませんか。
だから、いま不幸が生じたと考えてみてはいかがでしょう。
前世のことは取り返しがつきません。
いまさらじたばたしても遅いのです。

なんで幸福な人がいるのか。
不幸なあなたはかならずやこの問いに悩まされたことと思います。
こう考えてみたらどうでしょう。
いま幸福な人間は前世で善をなしたから。
信じられないほど幸福な人間はたしかに存在します。
かれらは報われているのです。
現世のことではありません。前世でよほどの善行をなしたに違いありません。
こう思えば、あなたの不幸も成功者の幸福も一応の説明がつきます。
すべては前世が決めたことなのです。

さて、そうだとしたら、「負け組」はどう生きたらいいのか。
来世を信じることだと思います。
(あなたを不幸にする)前世があるのなら、かならず来世もあります。
あなたはいまがんばって生きているのでしょう。
自殺も殺人もしていません。なんと立派なことではないでしょうか。
(いえ、自殺も殺人もどうしようもなくなったらしても構わないのです。
その不幸ですら前世で決められていたことなのですから)
あなたは立派です。いま生きている。それだけでたいそうな努力だと思います。
かならずや来世で報われます。
来世で間違いなく幸福になれます。人生に勝ちます。

あなたは前世と来世について知りました。
このへんで落ち着いて周囲を見回してみませんか。
あなたは本当に不幸なのでしょうか。
現代日本に生まれてきたというだけでかなりの幸運かもしれません。
インドの低カーストに生まれたら、生涯成り上がりの夢さえいだけないのです。
アフリカの僻地に生まれたら、おとなになることでさえ難しくなります。
いえ、あなたが不幸なのは変わりありません。
あなたが自分を不幸と思うかぎり、あなたは絶対的に不幸です。
そして、その不幸はすべて前世のためなのです。

あきらめませんか。すべて前世が悪いのですから。
微笑みましょうよ。それでも来世があるのですから。
ここでこの負け薬の本質に向き合いましょう。
果たして前世や来世はあるのか。
もしあるのならば、この薬は効き目を見せます。
だが、もしないとしたらどうなるのでしょう。
この心配は杞憂です。我われはそこでとどまっていてはいけません。
なぜなら前世や来世の存在は、最先端の科学をもってしても証明できないからです。
だから、ないと即決するのはおかしい。
前世や来世がないこともまた現代科学では証明できないからです。
人間は前世や来世がないということを断言できないのです。
いまあなたはどこにいるか。信じるか信じないか、であります。
信じてみませんか、といまわたしはお誘いしています。
どうか御一考くださいませ。

*なお「勝ち組」のみなさまには本文無用。反論勘弁。
みなさまの勝利は努力のおかげ。おめでとうございます。あなたはえらい!

COMMENT

ばもす URL @
06/23 09:07
くだらない. 負け薬読みました。
すっごくくだらなすぎて反吐がでそうでした。
人生を勝ち負けで判断するのは別に人それぞれの考え方だから反論しませんが、まあ子供っぽいとは思いますが、不幸は前世のせい、来世を信じなさいなんて上から目線であなた何様?。

すごいくだらない考え方ですよ。全文を通して。その考え方が負け組みみたいですよ。


- URL @
06/23 12:10
. べつにいいじゃん、くだらなくったって。
わたくしには効いたよ
Yonda? URL @
06/23 21:43
ばもすさんへ. 

ふんふん、負け薬には副作用があるみたいですね。
タミフルとおなじか。
貴重なご反応、ありがとうございます。
Yonda? URL @
06/23 21:48
名無しさんへ. 

それはよかったです。
負け薬の主要成分は「歎異抄」。
もし負け薬が効かなくなったら、
「歎異抄」をお試しになるのもいいかもしれません。
K URL @
11/03 21:16
. 青書、を検索しててお邪魔いたしました。
強力な強力な「負け薬」が今こそものすごく必要で、山本周五郎はそれを任じてやり抜いた方だった。だから直木賞も辞退したのではないか。…そんな風に思いました。
第二第三の山本周五郎が必要。藤沢周平は微妙にずれててダメ…そんな気がします。誰かいないかな?
Yonda? URL @
11/04 13:35
Kさんへ. 

ずいぶんむかしの長文記事をお読みくださり、ありがとうございます。いまは検索でからきしヒットしなくなったのでお珍しい方です。

山本周五郎は朝から酒を飲みながら小説を書いていたそうですね。で、夜には睡眠薬で眠る。現在あれを真似できる人は少ないと思います。コメント、ありがとうございます。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1709-b86fa576