fc2ブログ

「世捨て人の庵」

いままでインターネットを甘く見ていたかもしれない。
どれも無料で閲覧可能な情報なのだから、たかが知れている。
どのみちネットが書籍を超える日など来るわけがない。
過日、こんな驕(おご)った考えがくつがえされた。あるサイトの存在を知ったからである。
みなさまもそうではないかと思うのだが、
基本的にネットを見るときは上から目線ではありませんか?
物好きが報酬もないのに書いていやがる。どれどれ見てやるか。
わたしはここまで傲慢ではないものの(断じて!)、
かといってどれほどの敬意をもってそのサイトを閲覧したかは疑問である。
ところが、読みだしたらとまらなかった。
夜の23時にそのサイトを発見したのだが、朝の7時までぶっ通しで読みつづけた。
ほとんどすべてのコンテンツを読了した。じつにおもしろかった。
インターネットの醍醐味を満喫したといってよい。
なぜならそのサイトは書籍には決してならないからである。
というのも、成功をしていないからだ。耳目を引くような不幸もない。
これでは書籍にならない。
したがって、我われはこのような人間が存在することを通常なら知りえぬ。
このたび異常なほどの興味をもってそのサイトを読了したゆえんである。

むろん、このサイトにみなさま全員が関心を持つとは思わない。
(それでも少数者は……と期待するが)。
みなさまとわたしは違う。好きなものが異なるのも当たり前だ。
だったら、なぜ紹介するのかと問われると答えに窮してしまう。
そのサイトの作者さんは「世捨て人」を自称しておられる。
掲示板もなければ、メールアドレスも公開していない。
どこにも感想の書きようがないのである。リンク、引用は自由らしい。
ところが、どのサイトからリンクされても見ないと断わっている――。
遁世(とんせい)の極みというほかなく、実に潔(いさぎよ)い。
えせ世捨て人の哲学者・中島義道に比べたら段ちがいの、いわばホンモノだ。
この記事を書くのは、もっぱらリスペクトゆえである。
わたしなどが敬意を表さなくても、世に知られたサイトである。
作者が公開したアクセス数を見ると、うちのほぼ10倍。
そのうえ2ちゃんねるにヲチ(監視)スレッドまで建てられ、
なおかつ批判スレッドがいまでは38だとか。とにかく延びている。
いまさらうちのような過疎ブログが取り上げるまでもない大御所である。
それでも、わたしはこのサイトを紹介したい。

「世捨て人の庵」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~azma/iori/


どこを見ればいいのかわからないでしょう。このへんがとくにおもしろいです。

「ほぼ世捨て人」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~azma/iori/hobo/idx-ho.html


どれかひとつの記事をといわれたら、これしかない。
たいへん感銘を受けた。同意する。真似をしたいと思う(凡愚のわたしには無理そうだが)。

「問答無用のすすめ」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~azma/iori/hobo/ho5/co20503g.html


若輩が大御所を僭越(せんえつ)ながら紹介しますが、
「世捨て人の庵」は名のとおりいかに世を捨てるかを一途に念じてきた男性の記録だ。
姿勢は一貫している。
それは10年近くにもわたって欠かすことなく記されてきた報告が証明する。
これほどおもしろいドキュメントはめったにないと思う。
常識にあらがいつづけてきた氏の生き様には胸打たれる。
とにかく会社に拘束されたくない。自分の時間を持ちたい。
このためフリーターを選び取り、生活を極度に切り詰める。
作者AZMA氏の1日の食費はわずか200円だそうである!
2005年10月に作者は夢の生活に入る。
これまでアルバイトで貯めた750万円を運用して株で生計を立てようとの計画である。

このサイトのおもしろさはここにあるのかもしれない。
コラムを読んだかぎり、AZMA氏はそうとう優秀な個性ある人物と思われる。
かれの文章からは才能としかいいようのないものを感じる。
このAZMA氏なら株でも成功するとわたしなどは思ってしまう。
ところが、現実はそうではないのである。
これまでの人生で千円を大金と考えてきたAZMA氏が、
株取引を始めた月に30万円近くも損をする!
それを作者は正直にサイトで報告する。
いい勉強になったというのである。これから株の勉強を続けたらかならず取り戻せる、とも。
2005年からの株式収支報告がいちばん驚いた。
あれだけ頭のいい節約家のAZMA氏が株で負けつづけるのである。
当初750万円あった運用資金も、この2年半で1/3になったようである。
それでもAZMA氏は株をやめようとしない。
それどころかむしろ、株式にのめりこむ。
勉強が足りなかったから損をしたと相変わらず思っているのである。
努力して株の研究をすれば、かならず損失を取り戻せると信じている。
あたかもドストエフスキーの小説のようである(「賭博者」)。
今月の7日には株の研究のため9年継続してきたサイトを休止している。
(氏を批判するつもりは毛頭ないが、株にはまってからコラムの質の低下は著しい。
このサイトの休止も必然だったのかもしれない)

いろいろなことをAZMA氏から教えられた。
日本には氏のように、まったく世間から知られぬ賢人が存在する。
だが、このように極めて優秀な人間でも株で失敗してしまう。
こういった無名人のドキュメントをマスメディアは決して取り上げない。
ネットからしか学べぬこともあるようである。
最後に、わたしはAZMA氏の一発逆転を期待していることを記して小論を終える。

COMMENT

coco URL @
05/28 00:15
. 
この方、Yonda?さんとは逆ベクトルの眷属かも、なんて。
“自分は特別な存在”症候群の蔓延する今日このごろ、
コモンセンスを具えた真の変人――という絶滅危惧種は
もう日本では出会えないかと思っておりしまた。

理知に秀でた世捨て人が、博打同然の株に嵌る――劇的ですね。
Yonda? URL @
05/28 20:40
cocoさんへ. 

ほんとうにとてつもない変人だと思います。
こういうかた、大好きです。
出版界にも変人はたくさんいるのでしょうが、
商業的に世渡りできるということは、妥協しているんですよね。
このかたの徹底的な世捨てぶりが神々しいゆえんです。
株で大儲けして、サイトを再開させてほしいものです。
人生なにがあるかわからない……と思わせてほしいです。
nekoze URL @
05/29 00:00
. AZMA師匠がこんなところで取り上げられている・・・。
私も師匠には感動しました。
国保も入らずに骨折しても我慢して直したり、
暖房代節約のために冬は部屋の中でテント張ったり。
そんな生活王の師匠が乾坤一擲の勝負をかけた
株式市場でまさか月に100万円以上の損害を出すなんて。ドラマチックというか、神様は何て残酷なのかと
この2年間私は呻いておりました。

師匠は最後の決戦に出られております。最後の戦いに勝って復活して得意の師匠節がまたHPで読めることを祈らずにはいられません。
Yonda? URL @
05/29 23:22
nekozeさんへ. 

nekozeさんのAZMA師匠への思いに胸が詰まりました。
まったく同感です。
これ以上、なにも申し上げることはありません。

師匠のことですから、かならずや一発逆転することでしょう。
我われは見守ることしかできません。

nekozeさんもそうではないかと思うのですが、
この師匠に逢いたいです。
お酒とおつまみを持参して。
教えを乞うかたちで。
万が一にもここをお読みでしたらご一報下さい>AZMA師匠
- URL @
10/05 08:23
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
10/05 21:34
しずさんへ. 

このごろのキチガイめいた株安。
わたしもファンのひとりとして、AZMAさんがどうしているのか心配です。
- URL @
10/06 21:36
管理人のみ閲覧できます. このコメントは管理人のみ閲覧できます
- URL @
07/07 08:53
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
07/07 22:01
しずさんへ. 

お久しぶりです。
わたしは薄情な人間です。
この半年というもの、まったくAZMAさんのことを思い出しませんでした。
正直、自分のことだけで手一杯で――。

人間は無力です。
他人になにをしてやれるわけでもありません。
カウンセラーだって、おカネを払わないと話を聞いてくれないのですから。

万事、なんとかなる。
可能なのは、死ぬ直前まで淡い期待を持つことなのかもしれません。
もしこのレスポンスを「偉そう」とお感じになったのでしたら、ごめんなさい。
意図せぬことであります。
しず URL @
07/08 06:46
. いえいえ、最高のレスポンスです!また、お邪魔させて下さい!comment
Yonda? URL @
07/08 07:09
しずさんへ. 

それはようございました(^.^)
lane URL @
11/15 05:23
美味しくいただきました. 過去の記事に対するコメントを読んでいらっしゃるかどうか…
イイですね、世捨て人。掘り出し物ウマーです。
Yonda? URL @
11/16 20:55
laneさんへ. 

ほんと世捨て人にはあこがれます。
どうしても我われ俗物は出世を狙ってしまいますから。
- URL @
05/03 11:27
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
05/03 22:32
しずさんへ. 

AZMAさんの事情――。
「世捨て人の庵」でブログに来る人が多いゆえ調べました。
いきさつすべてを知った次第です。

閉鎖にいたる事情すべてを存じております。
奇跡は起きないのでしょうか?
AZMAさんがこのブログを読んでいる。
氏がわたしにメールをくださる(乱暴なもので構いません)。
しずさんとわたしが、酒とつまみを買い、AZMA先生宅を訪問する。
教えを乞う。

わたしはAZMAさんが好きです。
しずさんもお好きでしょう?
こんな奇跡が起こらないかと強く願っています。

現実は、つまらない。
だからだから、なにかを起こしたくはありませんか?
このご縁をなんとかして形あるものしたいのです。
まあ、無理なんでしょうね。
なんとこの世界の空疎なことか。やりきれないことか。
- URL @
05/05 10:16
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
05/06 07:47
しずさんへ. 

しずさんにそこまで想われるなんて、AZMAさんも果報者です。
「好き」と「逢う」の関係はどうなんでしょうかね。
好きなのに一生、逢わない人がいるでしょう。
たとえば、愛読者と作家の関係です。
もっとも作家が故人だったら逢いようがありませんが。
逢うというのは別れると同時に劇的行為。
なかなか起こらないけれど、ふっと人と人が逢ってしまうこともある。
そこには人間には見えない縁のようなものが関係しているのでしょう。
しずさんの想いがAZMAさんに伝わるといいですね。
- URL @
05/08 12:35
承認待ちコメント. このコメントは管理者の承認待ちです
Yonda? URL @
05/10 07:22
しずさんへ. 

正直、自分のことで手一杯なわたしは、なんだか恥ずかしいです。
ヤノッチ URL @
01/14 10:41
. 記事を引用させていただきました。
もし不都合がありましたら、すぐ削除します。
このまま記事掲載を許可していただければうれしいです。
よろしくお願いします。
http://yanoniito.blog.fc2.com/blog-entry-70.html








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1661-b55e3649