FC2ブログ

「ドン・カルロス」

「ドン・カルロス」(シルレル/佐藤通次訳/岩波文庫)品切れ

→戯曲。ドイツ産。シラー作品。
ひょんな思いつきだが、悲劇の動因は「ふたつにひとつ」ではないだろうか。
ふたつからひとつを選ばなければならないところから悲劇が生じる。
ふたつとも選べればそれがいちばんいいのである。
けれども、人間はふたつからひとつを選ばなければならないようにできている。
さらにだ。選んで実行するまでは結果が不明。
選ばなかったもうひとつの選択肢を行為にうつしていたらどうなったかはわからない。
悲劇が生じるゆえんである。

この芝居における「ふたつにひとつ」を整理してみよう。
エリザベトはスペイン王の後妻として王妃になるが、もとは王子の婚約者であった。
王子とエリザベトは愛しあっていたのだ。
ところが、政略上の都合から王は息子の婚約者をめとらなければならなかった。
王妃が父親とも息子とも結婚できればいいのである。
だが、人間はそのようにはできていない。
エリザベトはふたつからひとつを選ばなければならなかったのである。
といって、人間の感情はどうにもならぬ。
王子は義母となったエリザベトにいまも恋心をいだいている。悲劇の火種である。
王子カルロスは父王を尊重したいのは山々だが、おのが義母への恋慕もどうにもならぬ。
まさしくふたつにひとつである。

カルロスの親友、ポーサがスペイン王に重用されるようになるのはまったくの偶然である。
賢明なポーサはこれを偶然だと知りながらも、人間であるがゆえのあやまちにとらわれる。
偶然を必然と見たとき劇が生まれるのである。
また、偶然を必然と受け取るのは人間の避けられぬ宿命でもある。

「だが、待てよ、偶然だけではあるまい。
ひょっとしたら、もっと深い意味がないとは限らぬ」(P135)


頭脳明晰なポーサでさえも、こうして悲劇にからめとられていく。
ポーサはいつしかスペイン王からもっとも信用される重臣にまでのぼりつめる。
またもや、ふたつにひとつである。
親友のカルロスを取るか、その父たるスペイン王のもつ強大な権力を取るか。
ポーサがあの偶然を偶然のままにしておけば、こうはならなかったのかもしれぬ。

ポーサは新教(プロテスタント)を広めんとの野心をいだく青年である。
いかようにしておのが野望を実現するか。これもふたつにひとつ。
いままではゲリラ的に宗教戦争を引き起こすことで革命をなさんとしていた。
だが、このままスペイン王に取り入って上から変えてしまうという方法もなくはない。
恋愛、宗教、政治――。みながみな、ふたつにひとつなのである。
ひとつを決めるよう迫られる。
決断するのは恐怖だ。できるものなら逃げていたい。だが、逃亡にも限界がある。
いつしかその逃走行為が、ひとつを選択していることに気づかされる。
選んで実行したら、もう取り返しがつかないのである。
人間はだれしもこのような世界を生きている。悲劇の芝居だけではない。

ポーサは権力ではなく友情を選択する。
権力者の父王ではなく、親友の王子を優先する。
この意味するところは自己の破滅である。
スペイン王に自分ではなく、息子の王子を愛させようというだから。

「殿下(カルロス)かわたくしか、二人に一人は逃れぬところでございまする。
そのいずれかを選ぶかの決断は、咄嗟の恐ろしい間でございました。
二人のうち一人は破滅致さねばなりませぬ。
そこで、わたくしがその一人になろうと存じたのでございまする」(P205)


劇とは、ふたつからひとつが選ばれる過程にほかならぬ。
ドラマという言葉がある。ドラマの語源はギリシア語のドラーン。
行動するという意味。
ふたつからひとつを選び行動する。これがドラマである。
行動の結果、幸福になれば喜劇、不幸になれば悲劇である。
どちらに転ぶか人間にはわからない。なぜなら――。

「神の全智を持たぬ儚(はか)ない人間に、
運命の楫(かじ)を操るような思い上った真似が、どうしてできましょう」(P202)


悲劇「ドン・カルロス」の結果は青春の敗北である。
若い野心はいずれも滅び去った。
燃え上がらんばかりの愛情も宗教的野心も、スペイン王に鎮火されたのである。
王はプロテスタントの芽を摘み取り、カトリックの保持につとめる。

さて、芝居における宗教上の勝敗よりも、
この両派に共通するキリスト教の特徴に注目したい。
キリスト教は旧教も新教も、正しいものはひとつであるとする。
そのために争うことになるのだが、重要なのはこの正しいのはひとつという思想。
悲劇は「ふたつにひとつ」から生じると冒頭に書いた。
そうだとすれば、唯一の正義を主張するキリスト教こそ、
劇を養育する乳母と言うことができよう。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1081-bb485f38