FC2ブログ

「ミス・サラ・サンプソン」

「ミス・サラ・サンプソン」(レッシング/田邊玲子訳/岩波文庫)

→戯曲。ドイツ産。
レッシング劇のみならず、悲劇などと言われるとどこか身構えてしまいませんか。
ギリシア悲劇、シェイクスピア四大悲劇、エイザベス朝演劇、フランス古典劇――。
翻訳で読んでもちんぷんかんぷん。
むかしの異人さんはどれだけあたまがよかったのかと打ちのめされる。
それは違うのである。
ギリシア悲劇も、シェイクスピア劇も、楽しんでいたのは我われと変わらぬ民衆。
いな、我われ以下かもしれない。文字の読めぬやからも劇を楽しんでいたのだから。
ワイドショーと考えればよろしい。悲劇すなわちワイドショー。
嫌な言いかただが、ひとの不幸というのは、おもしろいでしょう。
他人の幸福のどれだけつまらないことか。
違う。他人だけではない。自分の幸福も、どこかで退屈している。
幸福とは、なにも起こらないことである。
にこにこ、ぺこぺこしている(することのできる)幸福なんてぶっ飛ばせ。
古来、人間が悲劇を求める理由ではないかと思われる。
人間は幸福を願いながらも、実のところ幸福に飽きあきしているのである。
幸福ほどつまらないものがこの世にあるものか!

悲劇「ミス・サラ・サンプソン」の話をする。
内容をめちゃくちゃに要約すれば、幸福なんてぶっ潰せ、である。
ひと組のカップルがいる。熱愛中である。おもしろくもなんともない。
(電車でいちゃついているカップルを見るとつばを吐きかけたくなりませんか)
これをある中年女がぶち壊すのである。かの女の名前はマーウッド。
このマーウッドは、例の熱々カップルの男のほうのかつての恋人である。
10年もつきあった。ふたりのあいだには子どもまでいる。
悪女マーウッドは、なんとか男とよりを戻そうとするのである。
それが無理とわかると、せめてこの相思相愛を破壊しようと試みる。
ひねくれたわたしなどは、それ行けマーウッドとこの中年女を応援するが、
一般の観客(読者)は愛し合うふたりを思いやりながら、
(それでもこころのどこかで破局をのぞみつつ)見守るのであろう。
(ワイドショーの芸能人破局報道における喝采を想起されたし)

マーウッドとかつての情夫とのやりあいはこの芝居の絶頂である(P204-206)。
愛し合うふたりを見て快いのは、ふたりの破局をまえもって知っているときのみ。
ほんとうにおもしろいのは、たとえばこの芝居でマーウッドが繰り広げる戦争である。
男女間の戦争だ。お互い、嘲り、軽蔑し、憎みあう。
夫婦喧嘩は犬も食わないというのはウソだ。あれほどおもしろいものはない。
(ストリンドベリ「死の舞踏」、オニール「夜への長い旅路」、
オールビー「ヴァージニア・ウルフなんて怖くない」を参照)
以前は熱愛をしていたマーウッドとその情夫の喧嘩も同様である。
やれやれ! と思う。血を流せ。殺しあえ。

「死ね、この裏切り者!」(P212)

実際にマーウッドは短剣で襲いかかる。ううん、やるねえ!
だが、これは失敗。
結末としてはマーウッドは、元カレのいまの恋人を毒殺して復讐を遂げる。
男は、あのときじぶんが刺されていたらこうはならなかったと後悔する。
かれがマーウッドから取り上げた短剣で自害するのは「オセロー」を思わせる。

かくして幸福は消え去ったわけである。
思えば悲劇とは、幸福への不満から生まれるものかもしれぬ。
「オセロー」では、新婚夫婦の幸福へのねたみから悲劇が始まった。
「ハムレット」でも、そう。再婚した母の幸福への苛立ちから、ハムレットは狂乱する。
アンティゴネは、このまま戦争が終わって平和が訪れるのが耐え切れなかった。
マクベスもリチャード三世も、戦争終了後の平和やら幸福やらにむかむかしていた。
リアは老後の幸福など、つまらないと思ったのであろう。
オイディプスは、なかでも最も悲劇的な人物のうちのひとりである。
わざわざ自身の不幸めがけて疾走する脚力は他の悲劇の追随を許さない。

劇は大きく分けるとふたつである。悲劇と喜劇。
不幸に終わるのが悲劇、幸福に終わるのが喜劇である。
これも当たり前の話で、人間は生きているあいだ、悲しむか喜ぶか、
この両極にはさまれ右往左往するほかないのである。
というのも、幸福も不幸も、人間にはままならぬ。与えられたものを受容するしかない。
せめて舞台では、そんなあわれな人間を神のごとき視点で見たいと思うのである。

COMMENT

anires URL @
09/20 23:00
. レッシングの作品を調べていたら、毎回ヒットしていてニヤリとしてしまいました。この豪快な書評を読むと、何やら面白そうに感じて本に手が伸びてしまいます。とりあえず、明日にでもこのマーウッドを自分の目で確認しますね(笑)ということで、書評に感謝の足跡を。
Yonda? URL @
09/21 08:31
aniresさんへ. 

どうもどうも。マイナーな本を読んだときネットで検索して自分以外に読んだ人がいると安心します。コメントうれしいです。ああ、つたない感想がだれかに届いたんだなとわかりますので。

どうでもいい話ですが、本書はN大学のM先生がよく課題にするらしいです。で、トンマな学生さんたちがうちのブログからぱくって0点をつけられたという事件がかつてありました。

ドイツ文学か。いまシラーで1冊積ん読している戯曲があるのを思い出しました。それを読んだら邦訳シラー劇作はぜんぶ制覇するのです。近々読もうと思いましたですます。
anires URL @
09/21 20:38
. シラーもいいですよね。ぼろぼろの「マリア・ストゥアルト」を古本屋で発掘し、さらにぼろぼろに、そして付箋だらけにした思い出があります。あのレポートは厳しかったけれど楽しくもありました(笑)

あいにくの嵐で外出できず、マーウッドにはまだあえていませんが、今夜は眠らせておいた「ヘッダ・ガーブレル」でもお供にして夜をこしたいと思います。
Yonda? URL @
09/22 07:23
aniresさんへ. 

「マリア・ストゥアルト」は究極のエンタメ作品ですよね。日本人とは縁遠い史劇ですからまったく期待しないで読んだら驚きました。この作品を「自由に翻案」した劇作にダーチャ・マライーニ「メアリー・ステュアート」がありまして、むかし105円で買い求め積ん読しているのでした。来月はシラー月間にしていろいろ読み込もうといま決意しました。

西欧劇作品に共通する、復讐したいと願う強い感情は興味深いです。やりかえす。侮蔑する。喝采をあげる。欧米人固有のこの手の感情です。日本人の場合、復讐はできても、その後に勝ち誇るまではなかなかできませんので。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/1071-f6742b54