みなさまはお盆休みはいかがお過ごしになりましたか?
わたしは血縁とも友人とも知り合いとも会わず、
孤独に酒を飲みながらお掃除していました。
今年に入ってからもう覚悟を決めた「文豪モード」。
小説創作のこと以外、すべて知らぬ存ぜぬの先延ばし。
締切日に人生が終わってもいいとまで思っていました。
家は本やメモ書き、開けていない郵便物、ごみが散乱して坂口安吾状態。
坂口安吾はアルコール依存症で睡眠薬中毒の戦後無頼派作家。
ようやく人を呼べる状態まで家をキレイキレイにしましたよ。
といっても、いまや来てくれる人はひとりもおりません。

ようやく部屋の掃除を終え、さきほど近所のコジマ&ビックカメラへ。
いまテレビ一体型のディスクトップパソコンって流行らないみたい。
東芝さまもディスクトップからは手を引いて、いまはノートパソコンのみ。
うちはジェイコム放送をパソコンのモニターで見ているのだが、
そのためにはパソコンにHDMI入力の端子がないといけないとのこと。
で、いまのパソコンにHDMI入力機能があるものは非常に少ない。
店頭在庫を調べてもらったら富士通のやつだけで20万円だとか。
いまのこのパソコンは8万5千円で買ったのよ、そない殺生な……。
賭けに出る。もうパソコン自体が終わりそうな気配がぷんぷん。
しかし、キーボード交換で急場をしのげるか。
キーボードを換えてもパソコンの故障でどうにもならないかもしれない。
そうなったらキーボード代金は掛け捨て。
安い有線キーボード千5百円を購入(安い!)。
いま恐るおそる接続したら、かろうじて動いたって話。

むろんこれは一時しのぎで、いつパソコンが壊れてもおかしくない状態。
パソコンがなかったら買物もバイト探しもままならぬ。
どこかに行きたくても駅の経路がわからない。
じつは2週間以上まえからキーボードを
買い替えたらどうかとは言われていたのだが、あえて後回しにした。
実際問題としてキーボードがなかったらブログは更新できない。
すると、なにがいいか。書いちゃいけないことを書かなくて済むのである。
さんざんいまここには書けない愚痴を聞いてもらったあとで、
旧友は「これは天のはからいよ」とか言っていたっけ。
たしかにそうだったのかもしれない。
あの日にキーボードが壊れたのは深い意味があったのかもしれない。
繰り返すが、いまでもいつなんどきパソコンが壊れても、
まったくおかしくないほど画面は不安定で不穏。
今月末にお金が入らなかったらと思うとゾッとする。