ギリギリに近づくと過呼吸まで起こるのか。今日はじめて経験した。
あれは寝床から動けなくなるし、ひとり暮らしなら救急車も呼べない。
どんどんギリギリに近づいていく。

作家の有吉佐和子は嫌いなのだが、おもしろいことを知る。
日本語は平仮名、漢語、カタカナ。
いっぽうで現代日本の音楽は五線譜(西洋音楽)が主流(ピアノ、バイオリン)。
それからリズム(黒人音楽が入った)。

しかし、そのまえからあるのが三味線で、
有吉佐和子は「地唄」でかの音線を裏音符といったようなことを書いている。
いいかえれば「陽に当たらない音」――。

不勉強なため三味線は興味をもって聞いたことがないが、
あんがい日本大衆歌曲は裏の音、影の声、陽に当たらない呻きなのかもしれない。
わたしはそういうものが好きだ。
バイオリンもいいが「陽に当たらない音」もまた。

*(小さな声で)どう考えたって尾崎や池田がピアノを弾けるかよ(こっそり)。

*ネットで調べたら尾崎豊はピアノを弾けたという説が圧倒的。池田先生は、それね。