バイオリンをやっている女性の冷たい美しさはいい。
ちょっと人を寄せつけないピリピリした感じで、怖い子というものがいる。
そろばんとかおそうじとかできないが、その音楽部分だけ特化している。
孤独なヒリヒリした才能があるバイオリン女。
冷たい張りつめた厳しい孤独なさみしい才能。
会ったことはないし、会っても僕には養えない。
バイオリンのドッペルって本当に奇跡みたいに冷たくて、そのゆえに美しい。
春よ来るな。

先日ふと素面に返り、こんなことを書いてはいかんのではないかと
今年に入ってから書いた記事を50、60レベルで削除した。
純真な文学中年と思われたいという邪(よこしま)な助平心が緊急発動。
そのくせ、こういうことをまた書いて、どうせまた消すのだが、
高貴な家柄のいいお金持のお嬢さまも好きだが、
きたない女の子を偏愛するところもある。
酒井法子は事件以前まったく興味がなかったが以後きたなさに惚れた。
あの子ってヤクザの娘なんでしょう?
モーニング娘の吉澤ひとみも、ごめん、事件まえは名前さえ知らなかったが、
よごれたいまはあんな聖女はいないと思っている。
悪い女の子、きたない女の子、ずるい女の子、みんな大好き。
でも、飯島愛は嫌い。なにあいつ。さいてい。