10~30歳くらいまでは女のほうが平均として男よりも優秀だと思う。
医学部とか成績で取ったら女医ばっかになっちゃうから男女で得点調整していると聞く。
早慶レベルでも男女で得点調整は何十年もしているはずである。
早稲田の第一文学部に入って驚いたのは女の子の勉強ができること!
比較して、わたしをふくめて男子のあたまがよくないこと。
東大はほとんど得点調整をしていない気がする。
だって、女が東大に入ったらお嫁のもらい手がなくなっちゃうじゃないですか。
東大卒の嫁とかふつうの男ならプレッシャーが強すぎる(わたしは平気)。
たぶん一流会社もあらかじめ男女比を決めたうえで採用しているのではないか。
20代前半なんか女子の真っ盛りなんだから、
本当の人事評価をしたら会社が女ばかりになる。
女性は出産や子育てがあるから、それは困る。
それになぜかふしぎと男は30~40歳くらいに急に伸びるやつがいるのである。
保育士やナース、カウンセラーといった女性ならではの仕事は例外だが、
女は30を超えるといままでよく出ていた女性らしさがヒステリックな怖さとなり、
反面、子育てという面を考えたら女性のヒステリーはしつけに効果があるだろう。
既婚者に聞くと、夫も妻にしだいにしつけられていくらしい、おヒスこわっ。
早稲田の女子学生とかわたしなんか勝負にならないほど賢かったなあ。
中国語演習とか男はメチャクチャで、女は完全予習をしてきている。
ミスタードーナツでアルバイトをしながら、
なお中国語も完璧だったMさんという性格もいい賢女がいたなあ。
早稲田の男は舐めてもいいが、早稲女は舐めたら痛い目を見る。
人気取りでフェミニストぶっているわけではなく、事実の提示だ。
わたしがフェミニストなんてとんでもない話で、好きな作家はストリンドベリで、
彼の愛誦の句は「女をこれ以上つけあがらせてはならない」だからな。

(関連記事)「女性についてのことわざ」←ちょー笑った。
https://matome.naver.jp/odai/2133765583725645601