女性をおんなと言ったくらいで公職追放されかねない、いまの世の中で好き勝手なことを言ってみよう。配偶者は減価償却資産。意味がわからない人はわからなくていいから説明しない。おとこはだれでも思っていることだが、おんなは若いほうが価値がある。実際に若いおんなは優秀で、なぜなら少女時代から顔で差別を受けるからだ。教師の言うことのウソを、すなわち現実的なことを、美少女へのひいきやなにやらから学ぶだろう。おとこは小中の教師の口にする口だけの理念にだまされてしまう。ほんとうはそうではないことになかなかおとこはおんなのように気づかない。おんなの資産価値は20歳をピークにして下がっていくいっぽうなのに対し、劣性遺伝子たるおとこのほうは30歳、40歳と年輪をかさねるごとに現実を知る。皮肉なことにおんなは生物的商品価値の低いおばさんになるほど理念や正義を口にする。これまた残酷なことだが、おじさんが物恥ずかしくも女子高生のようなことを主張する。トキオの某メンバーもようやくほんとうのことに気づいたあげくがあの惨事である。紀州のドン・ファンもお相手の元AV女優もほんとうのことを知ったうえでの、ウソいつわりなきほんとうの関係だったのだと思う。早稲田のドン・ファン渡部直己教授と被害女性はほんとうのことを知らぬ貴族的阿呆だ。どうして早稲田のセクハラ事件の被害女性の名前がネットに流出しないのか? わたしなんか当時匿名だったブログ「本の山」で当時名門校シナリオ・センターを批判したら、すぐさまフルネームが匿名掲示板2ちゃんねるに関係者から公開されたぞ。どうしてそういうことをするんですか? とシナセンの社長に問い合わせても知らんぷり。早稲田は少なくともセクハラ被害女性に学費くらいは返すでしょう? そんなもん常識。わたしがシナセンの小林幸恵社長に「じゃあ、お金を返してください」と言ったら「ふざけんな」とババア経営者、権力者から怒鳴られた。あとの電話では「うちはNHKとも朝日新聞とも関係があるのよ」と脅された。うちを敵にまわしたら、あんた終わりよ、と電話口の向こうでババアはにやにやしていたことだろう。そういう批判も当時のコメント欄に書かれていて、なるほど正解はそちらだったかと思う。(男性作家の)山口瞳がおとこは50歳くらいで完成するとエッセイで書いていたが、なるほどそうだよなあと思う。シナリオ・センターは正しかった。「うちの講師は大学教授よりも偉い」と当方を面罵した後藤千鶴子所長はいまでもそのご意見にお変わりはないか。「大学教授よりも偉い」のはシナリオ・センター講師の上原正志らしい。受賞歴も業界経験もないが、妻がNHKの社員なので上原正志は偉くて、読んでもいないアリストテレスの講義をしてもいい。もうおっさんになったいまならNHKファミリーの上原正志の偉さがわかる。世の中、結局そういうことよ。早稲田被害者女性は名乗れ。渡部直己教授もずるいがおまえもずるいぞ。