今日もヒヤリハット(危険報告)の紙がなかったので(ボールペンもないし)書かなかった。
ヒヤリハットといえばいまわたしがしている青パレットを折りたたむ作業はかなり危ない。
あとはフォークリフトとの衝突ね。派遣に派遣への指示権利はないでしょう?
青パレットを折りたたむのは本当に危ない。あれはうっかりするとビッコになる。
以前、それまでも早いのにもっとペースアップしろとし指示してきた若いおなじ派遣から、
今度はもっと丁寧にしろと叱られる。「会社のものをもっと大切にしろ」だってさ。
鋼鉄重厚な青パレットを折りたたむのは当方のような長身のほうが有利だが、
最後に投げないとこちらの腰を痛めるのである。
たしかに投げると大きな音を立ててしまうが、最後は自分の身体ではないか?
今日、社員がやっているのを見たが、完全無音ではなかった。
派遣なのに社畜精神というか、学級委員きどりというか、
そんなに優等生ぶって搾取されるから派遣でこき使われているんじゃないかという。
当方にも優秀チェッカーという機能が備わっている。
数日一緒に働けば、どの人が(自分よりこの仕事において)優秀かどうかくらいわかる。
わたしの優秀チェッカーがピカピカ光ったHさんは物流会社への就職が
「ほぼほぼ」決まったらしい。
わたしは派遣で優等生ぶりたがるのはいやだが、
おなじ働く仲間としてフォークリフトのIさんの意思を重んじたく、
もうあと2日だが彼の動きをよく見てコミュニケーションを取ろうと努めている。
ものがないのは「段取り」が悪いというのは間違いで、
「段取り」が目で一生懸命会話しているフォークさんもいっぱいいっぱいなのである。
青パレットはペースアップしてたたむのも丁寧にたたむのもヒヤリハット(危険)。
一生懸命に優等生ぶらなくても結果がよければいいとも言えよう。
派遣で優等生ぶって模範的労働者ぶって、その先になにがあるんだろう?
派遣のわたしは会社の都合なんかより、
おなじ同僚がどうしてほしいかを考えて行動したい。
まあ、それを教えてくれたのがホシノさんなのだが。あの人、できるなあ。
やはり家庭を持つとやる気が違うのだろう。