先月のはじめのほうは絶望していたね。
もうおれさ、おかゆとヨーグルトと野菜ジュースくらいしか口にできないの?
だったら、生きている意味なんかないじゃん。
胃腸や食道に悪い刺激物とかぜんぶダメって(ネット情報)、それは死ねって意味?
おれおれおれは極端に辛いものや甘いもの、あぶらっこいもの、
すなわち刺激物が大好きなのである。
つねに新しい刺激を求めているところがある。
人間の身体ってよくできているなあ、と思ったのはお酒。
先月はほとんど一滴も口にしなかったのではないか(正確には23日連続)。
そもそもお酒を飲みたくならないし、身体が受けつけていないのだ。
それでもカレーは「悪いこと」になっていたが、生きるために食べたよ。
好きなことを少しでもしないと死んじゃう大熊猫的生物属性ゆえ。
2週間も3週間も、レトルトのおかゆをゆっくり噛みしめながら、
ああ、お米はこんなにうまかったのかと気持の悪い感動をしたものである。
いまではおかゆやヨーグルトをしみじみありがたがって口にする気分にはなれない。
なにが功を奏したのか、いまではカップラーメンも炭酸類も大丈夫。
しかし、むかしほどがんがん行けるわけではむろんない。
わけわかんないよね。
体調悪化も完全断酒も食制限も体調復活もなにが働いているのかわからない。
悪くなったのもおれのせいじゃないし(?)、よくなったのもおれの努力ではない。

自分はそれほどおのれの健康や行動――つまり人生をコントロールしているのだろうか?
人生をコントロールしている主(ぬし)は自分なのでありましょうか?
知的活力も復活してきていて、
今日は「一遍上人語録」「播州法語集」を岩波全集版で精読(複読)した。
人によってはこんな行為は日給7千円をもらってもいやだろうが、
おれの場合はむしろ7千円を損しても読みたいくらい一遍に興味がある。
明日(もう今日か)は一遍ゆかりの無量光寺に行こうと思っている。
施餓鬼会の日で、電話で聞いたら踊り念仏は13時からだそうだ。
どうしてここに行くのか、それとも朝に目覚めたら行くのをやめるのかはわからない。
一遍のものとされている和歌を紹介する。
おれってさ、仏教紹介者なのに聖人ぶっておらず、
反対に俗悪めいたところがいいでしょう?
みなさんもくだらぬ自我に縛られずに、
関わってみたいと思ったら本能のまま自然のままご連絡をよろしくお願いします。

「仏こそ命と身とのぬしなれや わがわれならぬこゝろふるまひ」