「ひろさちやのビジネスによく効く宗教」(ひろさちや/実業之日本社)

→副題がとてもよく、「できないことを「できない!」と言える処世術」(笑)。
しかしまあ、よくもまあ、ひろさちやや河合隼雄の通俗一般書ばかり読むと
あきれられるかもしれない。われながらあきれてるもんね。
結局、ひろさちやも河合隼雄もひとつのことを言っているんだよね。
それは「わかりません」。どうしたらいいかは「わかりません」。
そんなかんたんなことを何度も他人から教わる必要があるのか。
ぶっちゃけ、河合隼雄はともかく、ひろさちやはおなじような本ばかり出しているし。
ひろ先生、言い訳しているよ。

「仏教の法話の場合は、聞き手の能力によって、
同じ法話でも違った理解ができるのです。
だから、お釈迦さまは一つの話を語りながら、
大勢の聴衆にそれぞれ違った説法をしたといわれています。
それを「一音教(いっとんきょう)」と呼んでいます。
お釈迦さまは「一音」でもって多くの説教をされたわけです。
わたしたちは、一度聞いた話でも、自分の理解力が高まると、
そこからまた違った教えを引き出せるのです」(P105)


ひとりの人の話を百人百様に聞くっていうのは本当だと思う。
それぞれ誤解して聞いているっていうか。
内田樹によると、これラカンっていう偉い人が言っていたのとおなじらしい。
ラカンもお釈迦さまもキリストさまも、答えを教えてくれないのが人生。
昨日さ、久しぶりに携帯が鳴ったのよ。
かけなおしたら人材派遣会社。時給1250円で働きませんか?
夜勤。ディスクワーク。データ入力。
断っちゃったけれど、これでよかったのかなあ。
3月末にもおなじ案件で電話があって、そのときも断ったけれど。
いまのバイト先にこれ以上ご迷惑をかけるのも心苦しく、
そろそろ潮時かもしれなく、
だったら時給1250円の夜の世界に入ってもよかったのか。
しかし、なにかまだ物語が完結していないって感じがして。
時給850円と時給1250円のどちらを選ぶのが「正しい」のか。
だれに聞いても1250円のほうがいいって言うよね? 言うかな?
教えて、ひろ先生!

「わたしたちはいまいいと思っても、いずれよくないことになるかもしれません。
何かを最高と思ったところで、すぐにそれが変わってしまうのが世の中です。
そんな中でわたしたちは決断していかなければならないわけですが、
そうすると、最終的に人間が決断できないという絶望感に陥ってしまいます。
しかし、わたしはみなさんに、むしろその絶望感を持ってほしいと思うのです。
なぜかといえば、絶望感がなくて、
人間が必ずいい判断を下せると思っていることが大間違いです。
自分を過信し、必ずいい判断が下せ、最善の判断ができると思っているから、
人間は苦しむわけです。なぜかと言えば、
何が最善かは、絶対にわからないことだからです。
なにが最善かわからないということは、
わからないことはわからないことだということです。
そのことをわかることが「わかる」ことです。
あるいは、人間にはそんな完全な能力などない、
不完全な能力しか持っていないのが人間だと、
そこのところをまず知らないと問題を解決できないのではないでしょうか」(P23)


まあ、どうなるかわからないんだから、どっちだっていいんだろうね。
時給850円だろうが1250円だろうが、将来的に見たらどっちがいいかはわからない。
将来どうなるのかなあ。このまま朽ち果てていくのかしら。
もうあれね、この年になると、あこがれの人とかいないね。
有名人の○○さんみたいになりたいとか、そういうのない。ないない。
よくいるよねえ。○○さんみたいになりたいとか言って、がんばっている人。

「わたしたちはよく、あるひとつの真理に従って生きよう、
あるいはこういう生き方がいいんだと思うことがあります。
実はそう思った瞬間、自分は他人を生きていることになります。
決して自分を生きていることにはなりません」(P187)


自分を生きるなんて、そんなこと難しすぎて無理だよお。
いや、いまわたしは自分を生きているとも言えるのか。
普遍的な「正しい」真理なんてないと思っているし、あこがれの人もいないから。
書いていいのかわからないけれど、尊敬する上司もいないし。
けれど、高校生じゃないんだし、パートが社員を尊敬するなんてありえなくね?
みんな社員さんは上司の生き方を尊敬してたりするのかなあ。
今度、社員さんに聞いてみよっと。
マネジャーを尊敬していますか? ああいう人になりたいですかって。
でも、出世して高給取りで家族もいて車も持っていて健康で立派だから。
わたしはマネージャー氏がお持ちのものをひとつも持っていないことにいま気づいた。
でもまあ、しょうがないよね。こうなっちゃったんだから。
きっとこれが自分を生きるということなのだろう。

「河合隼雄の万博茶席 しなやかウーマンと21世紀を語る」(河合隼雄・塩野七生・藤ジニー・中山恭子・向井千秋/中日新聞社)

→しなやかウーマンって気持の悪い言葉だよなあ。
心理屋さんの元締めである河合隼雄さんと
各界で成功したしなやかウーマンとの対話集である。
女で社会的に成功した人は男よりもはるかに少ないから目立つのだろう。
河合隼雄は心理療法を女性原理の強い仕事だという。
まず相手を受け入れるのが心理療法だという。

「……女性原理の非常に強い仕事ですね。
「この原理でやろう」ではなくて、来られた人がどう考えているかですから。(……)
その人が酒好きだったら「やめなさい」と言わないですね。
そう言うのは簡単ですけどね。
「酒が好きですか。タバコも好きですか。長生きもしたいですか。
難しいですねー」と(笑)、
そこから一生懸命考えるわけですから」(P19)


だれだって「酒を飲むな」とか「正しい」ことは言えるけれど、できないもんね。
自分はできるかもしれないけれど、相手に「正しい」ことを強制できない。
バイト先のママさんに聞いたらさ、中1の息子さんにお説教するんだって。
もうすぐ期末試験だから勉強しなさいって。
ねえねえ、お母さんは子ども時代、勉強した? 
って聞いたら、してないって笑っていた。
「正しい」ことをはみんな言えるんだよねえ。
けれど、できない。相手にさせられない。
時給850円で一生懸命全力で働いてくださいは「正しい」んだけれど、ちょっとねえ。
「正しい」ことと言うのはイデオロギー(理念)である。
河合隼雄いわく、二十世紀はイデオロギー(「正しい」)の時代だった。

「二十一世紀というのは、
何か矛盾したものをずっと持っていく時代じゃないかと思っているんです。
これが勝負。二十世紀は一つのものをパンとやる。
一つのイデオロギーで頑張るとか、科学で頑張るとか。そういう時代だった。
二十一世紀は矛盾するものを持って倒れないというか。
そういう時代ではないかと」(P103)


はっきりした「正しい」ことを言えない、むしろ言わないのがいいのかもしれない。
そういうとき、日本語はなかなか便利らしい。

「それと日本語はあいまいな表現が多いでしょ。
それを使いながらお互いに探って、答えを出していくような」(P66)


しかし、どう説得したところで酒好きに断酒させるのは難しいよなあ。
勉強が嫌いな子どもに勉強させるのは難しい。
いい師匠につけたらどうかと思うが、これも河合隼雄は否定する。

「師範代の人はね、真剣の勝負をしないんです。
だから、木刀が強くなるんです。それと守るのが強い。(……)
保身ですね。大学の先生は正しいことを言っておられるけど、
新しいことは何も言わないでしょ。
攻めの学問をせずに、守りの学問に入るわけですよ。
そうなるとその人はダメ。
ダメなのに給料もらうから、よけいダメになるんですね(笑)」(P43)


バイト先に大学院に行っている外国人がいて、研究内容を聞いてみると、
失礼ながら、どれもぜんぜんおもしろそうじゃないんだよねえ。
そんなの研究してどうするの? なんの役に立つの? 
とか聞いちゃうけど。苦笑される、そんなこと聞くなよって感じで。
思えば、いまのバイト先は本当にいろんな人がいるなあ。
なかには芸術家くずれみたいなやつもいるのかしら。いたら怖いな。だって――。

「芸術家というのは我々が当たり前に思っていることを、
どこかで外してつくるわけですから。
だから我々は違う世界に入っていける」(P145)


毎日つまらないったらつまらない。
芸術家のような人に違う世界に連れていってもらいたい。
世界ってほんのちょっと見方を変えるだけで輝きが増すのはわかっているんだけれど、
それがなかなか難しいというのか。
そんなことより、人生これからどうしたらいいのか。
資格でも取って就職活動するのが「正しい」というのはわかるんだけれど。
「正しい」ことはわかるんだけれど、もういい年だし、いまさら感があってねえ。
こんな本を読んで感想を書いている場合じゃないよなあ。