「仏説阿弥陀経」(鳩摩羅什訳/「浄土三部経」本願寺出版社) *再読

→「本願」を説いた大無量寿経、「念仏」を説いた観無量寿経に引き続き、
本願寺出版社「浄土三部経」が掲載するのは「浄土」を説いた阿弥陀経である。
このきわめて短い仏典には、浄土がいかなるものかが描写されている。
仏典お決まりの会話形式ではなく終始、世尊(釈迦)は説明する。
世尊の講義を受けるのは、般若心経でおなじみの弟子、舎利弗(舎利子)だ。
浄土とはどのような国なのか?

「舎利弗よ、その国をなぜ極楽と名づけるかというと、その国の人々は、
何の苦しみもなく、ただいろいろな楽しみだけを受けているから、
極楽というのである」(P218)


言うまでもなく阿弥陀経もまた仏教の開祖たる世尊が説いた真説ではない。
これもまた書く必要はないくらい常識だが、
ほかの大乗仏典とおなじく世尊が説いた教えというのが売りであるだけだ。
でも、よくよく考えたら、世尊の教え「だから」正しいというのはおかしいわけだ。
なぜなら、どうして世尊の言葉が正しいか証明できないのだから。
ものすごいくだらぬ皮肉を言えば、
世尊は東大を出たわけでもないし(笑)、偏差値も不明だし(笑)、
韓流スター(笑)よりもイケメンだったという証拠も残っていない。
言葉は肩書だから(だれの発言かで価値が大きく変わる)、
とりあえず世尊の言葉にしておけと仏典創作者たちが考えたのは疑いえない。
もちろん、かわいそうなことに法然も親鸞もこういう事実を知らずに、
浄土三部経を世尊が実際にお話になったありがたい説法だとだまされていた。
皮肉にも、我われが法然や親鸞からいまもって学ぶことができる教えに、
知らないことも(だまされているのも)またしあわせだということがある。

どうでもいいことだが、阿弥陀経は古事記よりも制作年度が古いわけである。
繰り返しになるが、阿弥陀経は浄土の詳細を描く。
浄土とは「何の苦しみもなく、ただいろいろな楽しみだけ」がある世界である。
こういう夢の世界を妄想した当時のインド人の生活環境を想像するとぞっとする。
いまのインドでさえ日本人のわたしが旅すると、まあ不愉快な苦ばかりなのである。
2千年近くまえのインドがどれほど苦に満ちていたか想像するとあたまが痛くなる。
だがしかし、そういう苦界であるからこそ阿弥陀経が創作されたのである。
おそらく大無量寿経も観無量寿経もそうだ。
その前提にあるのは人生は苦が99%なのだという現実認識である。
だからこそ、極楽浄土のようなものを妄想して創作するのである。
はっきり言って、いまの日本は阿弥陀経作者が想像もできないような極楽なのだ。
たぶん浄土三部経作者が想像できないほどの極楽世界をいま我われは生きている。
にもかかわらず、やはり仏教に救いを求めるものはいる。
たとえば、わたしのようにだ。いったいこれはどういうことなのだろう。

ひとつ疑いえないことは、
我われ現代の日本人はそうやすやすともう極楽を想像できないことだ。
時代はどんどん便利(楽)になっているから、
いま80歳の老人よりもたとえばいま36歳のわたしは
極楽を妄想するちからがかなり劣っていると考えてよい。
80歳の老人と比べたら妄想するちからがかなり弱くなっている。
もし極楽を空想するのが(できるのが)幸福だとしたら、
楽になったぶんだけ不幸になっているということである。
かといって、時代に逆らって意識的にわざと不便に戻るほどの天邪鬼ではない。
おおむかしのインドにおける浄土を説いた阿弥陀経を読んで、
いまの極楽を思い浮かべるとしたらどのようなものになるかと思った。
もしかしたら反対に苦ばかりの世界を極楽と思うのかもしれない。
なぜなら苦が多いほど楽を意識する回数も多くなるはずだからである。
もしそうならば、いま楽が少ない苦の多い人生を送っているものは、
現代人の想像する極楽浄土を生きているのかもしれない。
もちろん、いまのわたしが極楽浄土を生きている、とはさらさら言っていない。

*6年前にも読んで感想を書いていたようだ↓「浄土三部経」
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-1359.html

「仏説観無量寿経」(畺良耶舎訳/「浄土三部経」本願寺出版社) *再読

→大無量寿経が「本願」を説いた仏典だとかんたんに要約したら、
観無量寿経は「念仏」を説いた仏典ということになろう。
親鸞の好きだったのが大無量寿経で、
その師匠の法然の愛したのがこちら観無量寿経とのこと。
観無量寿経はフィクションの原型を描いていてとても美しい。
ストーリーがきちんとあるのも嬉しいところだ。
苦悩絶望する夫人のまえに世尊(釈迦)が現われ教えを説く。
夫人は韋提希(いだいけ)という。
なぜ絶望しているかといったら、
息子が悪人の提婆達多(だいばだった)にそそのかされ夫を殺そうとしているからだ。
これほどの不幸、悲劇があろうか。
愛する息子がおなじく愛する夫を幽閉して餓死させようとしているのだから。
いくらいさめても息子は言うことを聞かない。
なんとか食物を隠し持って夫に面会に行っていたが、それも息子にばれてしまった。
報復処置として母たる自分も密室に監禁されるありさまだ。
もう希望はない。だが、まだ夫は死んでいないのである。
こうして時間が1分1秒経過するごとに夫は死に近づいていく。
自分が腹を痛めて産んだ息子がいま父殺しになりつつあるのである。
これほどの絶望が世にあろうか。韋提希夫人は世尊に訴える。

「世尊、わたしはこれまで何の罪があって、
このような悪い子を生んだのでしょうか。
世尊もどういった因縁があって、
あのような提婆達多と親族でいらっしゃるのでしょうか。
どうか世尊、わたしのために憂いも悩みもない世界をお教えください。
わたしはそのような世界に生れたいと思います。
この濁りきった悪い世界にはもういたいと思いません」(P161)


この悲嘆を愚痴に過ぎないとバカにするものは、どれほど強いのだろうか?
韋提希夫人の嘆きに対し、
もっと強くなれと説教するような手合いとはお付き合いしたくない。
どうしようもないことがあることを認められないのは、
むしろ弱いからではないかとさえ思うくらいだ。現実を見つめる強さがない。
韋提希夫人にたとえば法華経を教えて、
これを唱えたらぜんぶうまくいく、なんていうのは詐欺でしょう?
実際、どうにもならない状況というのはあるわけだから。
なにをどうしても解決しないような問題はあるのである。
このとき世尊は韋提希夫人に法華経を教えたりはしない。
慈悲をもって現実とは異なる仏の世界をいろいろ見せてあげる。
現実に絶望しきった韋提希夫人は、阿弥陀仏の極楽世界のもとに生れたいと願う。
このような過程を経て、
世尊が極楽世界への往生の仕方をあれこれ教えるのが観無量寿経である。

これを現実否定だと見る向きもあるかもしれない。
現実から逃げるな、と叱りつける。
しかし、じゃあ、絶望する苦悩者はどうすればいいのかと逆に問いたい。
どんな困難も自力で切り開けるというのは事実ではなく信仰(嘘)である。
それに現実以外の世界を夢見ることがどうして逃避と決めつけられようか。
韋提希武人は絶望に対してなお、意志を示しているのである。
いわく、現実を超越したい。
どうしようもない現実に対して、
なおも人間はそれを乗り越えることが不可能ではないことを
観無量寿経は説いているのではないか。
なんによってか。想像力である、願いのちからだ。フィクションのちからだ。

極楽世界を見る方法として最初に世尊が教えてくれるのが夕日である。
目が見えるものはまず実際に日没の光景を見るがよろしい。
赤き落日を目に焼きつけよ。この世の美しさを知れ。何度も何度も思い返せ。
世尊はいきなりフィクションに飛んだりはしないのである。
まずは西日を見てみようというのがいい。浄土は西方にあり。
この世からスタートしているのだ。
あたかもこの世界にも割合いいところもあるのではないかと言っているかのようだ。
以下、延々と極楽世界の観想手段が論じられるのだが、
まあよほどの暇人しかできないだろう。
最後に世尊は、人間における上下を持ち出す。
世尊は人間の平等を説いたなどと信じたいものが一部にいるようだが、
観無量寿経を読むかぎり人間はみなおなじではない。
わたしなどは常識だと思うのだが、上等な人間と下等な人間がいると世尊は説く。
その最下等な人間に世尊のすすめている極楽世界への往生方法が口誦念仏である。
とりあえず南無阿弥陀仏と言ってみろ。
実のところ、このあたりはいくばくか
本願寺教団の意訳が入っていそうだが、学者ではないので問題にはしない。
とにかく世尊はこれならばどんな下等でいやしく怠惰な人間でもすることができると説く。
このあたりの記述から、
シナの善導や日本の法然が万民救済を思いついたのは言うまでもない。
万民救済は平等だが、その前提となった考え方はまこと不平等なところに注意したい。
観無量寿経を創作したのは、きわめて差別の激しいインドに生きる仏教者なのである。

こうして見てくると、念仏はフィクションの原初形式だとおわかりいただけよう。
むかしは映画やテレビ、漫画どころか小説もなかったのである。
どうしようもない現実しかなかった。
この現実を乗り越えるには欲望を消すしかない、というのが人間世尊の教えだ。
韋提希夫人だって夫や息子への執着を消せばいいだけの話なのである。
しかし、どうしても愛着(欲望)が消せない人はどうしたらいいのだ?
この問いに正面から向き合ったものが観無量寿経を創作したのだろう。
わたしはその人物を世尊よりも偉大だと思う。
彼はこの世ならぬものを想像(妄想)することで人は救われることを知っていた。
おそらく、彼は(彼女ではないだろう)世尊よりも人生の辛酸を味わっていたはずである。