くだらぬ日記を書いてみようじゃないか。
禁酒をしたのである(えっへん)。
それも三日連続だぞ(えっへん、えへえへ)。
備忘のため結果を記す。
なにもいいことはなかった。
頭痛も喘息も改善せず。その他、疾病も変化なし。
読書能率も変わらず。むしろ読書量は減ったかもしれない。
感情面で多少の変化あり。
感情が平坦になった。怒らない。喜ばない。あたかもロボットのよう。
さて、酒をのむとどうなるか。
まずビール(発泡酒)がうまかった。
うまい? いな、苦い、である。ビールは苦い。
何年もこの事実を忘れていたことに愕然とする。
パパ~ママ~この液体苦いよ~と泣きべそをかきながらビールを流し込む。
いきなり泣いたのである。
山田太一氏のシナリオの一節が突然思い出され、なみだがとまらなくなった。
ひとしきり泣く。
今度は笑い始めるのである。なんだかわからんがおかしい。
しばらく大笑いをした。
以上、3日ぶりの飲酒報告である。