「書物との対話」(河合隼雄/潮出版社)

→「どっちも正しい」ことが理解できない人がいるじゃないですか?
常に唯一の正解があると信じているような。
人生をセンター試験の選択肢のように考えている。
かならずなにか正しいことがあると信じている。
「どっちも正しい」ことがあるなんてイヌがニャンと鳴くようなものだ。
わたしが河合隼雄から教わった最大のことは「どっちも正しい」ことはある。
夫婦喧嘩、離婚訴訟なんて「どっちも正しい」「どっちも悪い」なんだから。

「私が読んで感激するのは「純」と名のつくような文学ではないのである。
ともかく下世話なことに関心が高いのだから、これも当然のことで、
そのような自分の特性? を生かして、
心理療法などという仕事をすることになった。
嫁と姑の戦いとか、三角関係とか、
(もっとも、大学時代は三角関数の方を学んでいたが)、
一般には犬も食わないと言われていることに、
一所懸命にかかわってゆくのである」(P58)


まあ、いろいろな見方が世の中にはあるもんだ。

「文学作品は傑作であればあるほど、いろいろな「読み」を可能にする。
私は私の勝手な「読み」をここに書かせて頂いたが、
読者の方々は、それぞれ自分なりの「読み」をされることだろう」(P71)


いろいろな人がいるのだもの。
「絶対的真理はない」は河合隼雄の名言のひとつだが、
河合の師であったユングは、
かなりエキセントリックに自分の絶対正義を主張する人であった。
それを疑問に思った河合に、ユングの高弟のマイヤーはこう言ったという。
ユングは絶対真理、唯一真理を説いているようではないか。
質問にマイヤーはこう答えた。

「彼[マイヤー]は、「お前の疑問はもっともで、
もちろん個性化の方法は他にもあると思う。
ユングは自分の方法を唯一のもの思っていたらしい」と言った。
そして、「自分の方法を唯一無二と思わずに、
パイオニアの仕事が可能だろうか」とつけ加えた。
これはまったく味わいのある発言であると思う」(P299)


わたしは浄土宗の法然や彼を批判した日蓮を思い返した。

あさってから死者も出るという悪評高い巨大倉庫で、
高時給に目がくらみ働かせていただくが、聞いたところ女性が6割。
いじめられたらどうしよう?
そこで南無妙法蓮華経だ。女子部のみんな、僕を守ってくれよな。
参拝は済ませておいたぞ。
あそこも物価が安いから学会率が高そう。なにを得られるか。

DSC_0206.jpg
「破地獄偈」(由木義文/「よくわかるお経の本」/講談社) ※再読

→二相(相対)を超える。河合隼雄の好きな華厳経の教え。

1.自分とはなにか? 善悪、正誤、損得である。
2.自分とはなにか? 自己愛、自尊心である。
3、自分とは、自分の善悪、正誤、損得。
4.自分ではなく、世間ばかり見てきた人は自分の善悪、正誤、損得がわからない。
5.他者と向き合って自分の善悪、正誤、損得がわかる。
5.このとき人は人、自分は自分とはならない。
6.自分は正しい。自分は善人。このため自分は損していると考える。
7.相手は誤り。相手は悪人。相手ばかり得している。
8.どうしたらいいか? 善悪、正誤、損得の白黒をつけよう。
9.刑事告訴だ。刑事告訴は二分法志向の究極。自分は悪くない。
10.正義のためならなにをしてもいい。相手の近親者にも親切心から連絡する。

こうなってしまった場合、相手を刺激しないのがいちばん。
相手は常に善で正、損をしていると思っているんだから。
こちらがなにを申し上げても悪で誤謬、得をしたいんだろう?
お経の「破地獄偈」を唱えても意味がない。

「若人欲了知

三世一切仏

応観法界性

一切唯心造」


「もし三世の真理を知りたいなら、世界は心のみと観てください」

・あなたも悪くないし、わたしも悪くない。
・どちらが正しいともいえない。それは仏さまにお任せしよう。
・世間的価値観を捨てて、善悪を捨てよう。自由になろう。
・あなたもわたしも仏さまってことで。とりあえず、そういう感じで。
・自他の二相(相対)を超えられませんか?

↓なにか1冊お経の本を買うならこれ↓

いまの援助交際、パパ活とかわけわかんない。
リッチなおっさんが若くてきれいな女子大生やOLに
高級店でメシを食わせてやり報酬を払うんでしょう?
1.なぜ高級店でメシを食いたいのか?
2.なぜ女性同伴者が必要なのか?
3.なぜメシを食わせたメスに謝礼を出すのか?
4.目的はなんなのか?
5.性行為をしたいならば、専門店がある。
6.そもそも性行為はそんな高価格商品か?
7.ただでも入手可能なのが性行為商品。
8.どうせ脱ぐのに男性も女性もおめかし代が高いのではないか?
9.なぜ大衆店でゆっくりやすらがないのか?
10.これがステータスってものなんですか?
40を過ぎたおっさんが、
小さくまとまりたくないなんて、バカかとアホかと。
いまでも小さく小さく、たとえば施設警備員を目指して、
ダメおっさんの地位を獲得することは、
楽ではないがまったくの無理ではないと思う。つつがなく生きていく。
ひとりさみしく独身で、楽しみは週に一度の晩酌で、サザエさんを見る。
一方でバカな、きぐるいめいた小さくまとまりたくないという願望も燻る。
もう43歳なんだから、いつ死んでも御の字。
できることで好きなことはやった。
パーッと花火のように散っていきたいとも思う。
前科もないし悪友もいないし、シンナーさえ未経験なのに、
小さくまとまりたくないとか思っちゃう。
四国の寺子屋で庵主をやらないかという話もあった。
「あ、これは資金繰りがうまくいったらの話だから。あんま信用しないで」
「僕だって、そんな甘い話がないことはわかっています」
八王子には暑いイメージしかない。
僕が悪いのだろう。
その場合、こうしたら失業給付を取れます。
そのためには過去の派遣会社に離職票を郵送してもらってください。
これは「正しい」のだが、前提としてあるのは善悪、損得。
ボランティアの人はわかると思うけれど、
「そうしたくない」という人がかなりいる。
言葉にすれば「めんどうくさい」「かったるい」。善意や好意の押し売り。
え? 簡単ですよと説明しても、ハロワでおばさんと喧嘩して帰ってくる。
ならば、いいところを見つけましたので働きましょう。
それはかなり「正しい」行為です。あくまでも善悪、損得から考えたらの話。
「この派遣会社に電話して求職をお願いしてください」
そうお願いしても「わかんねえよ」。
「おれには過去の派遣会社の人とのつながりがあってよ」
「そこはひとまず置いておいて、この年末年始は僕と一緒に働きませんか?」
「めんどうくさい」「かったるい」と思われたのだろう。

ここで自分は「正しい」ことをしているのになんで? と怒るのはアマチュア。
僕くらいになると「めんどうくさい」のだろうなあ。
「かったるい」のだろうなあ。
おのれの過去から類推して、自分の正義を通そうとしない。
「あなたのためを思って」とか怒鳴らない。
しばらく待ってみようと思う。
もしかしたら別のもっといい道が彼に拓かれるかもしれないのだから。
僕はまるでなにもわからないということを知っている。唯物与仏を信じている。
孤独だと女性から愛されたいと思う。
つまり、もてたい。だが、しかし、そこが魔。
なぜなら愛情はコントロール願望だから。
愛されたいは、コントロールされたい。愛は迷惑行為。
「きみ、ぼくのことを好きなら好きなようにさせてくれ」にはならない。
「あたしが好きな人がそんなことをするの耐えられない」になっちゃう。
むかし朝日賞作家の山田太一さんの講演会によく行ったが、
質疑応答でよくあるのは「こういうのを書いてください」というコントロール願望。

好きはコントロール願望(べき思考)。

わたしもむかし作家で精神科医の春日武彦さんに、
シェイクスピアを論じてくださいとか迷惑発言をブログでしちゃった。
「無償の愛」は野島伸司ドラマのテーマのひとつだが、
あの人、若くして成功してお金もたんまりだからなあ。
いまはもううらやましいのかどうかもわからない。
コメント欄で「私小説を書け」とさんざん言ってくる人がいるけれど、
こちらを好きなのはわかるが、言われているうちは書かない気がする。
人生好奇心オンリー。世界を知りたい、おまんを知りたい、そんだけ。
唐突だが、あたまが悪い子ってなにを考えているのだろう?
ぼく、お坊ちゃんだし、お育ちいいし、あたまの悪い子、知らない。
ガチなヤンキーみたいなセリフを聞いたことがない。
それを聞いたら文学開眼するのではないか?
いい子ばっか。悪い子おらへん。
これから寒い時期、鳥肌が立つような女にめちゃくちゃに壊されたい。
南無妙法蓮華経。法華経2回。
大財閥の家から女子高生のお嬢さんの家庭教師として雇われたい。
お嬢さんは完全に僕を舐めきっていて悪いこと三昧。
彼女は超ビッチのヤリマンで、男の順番管理も僕がやらされる。
家庭教師の時間なんてなくて、僕は悪いことを教えられるばかり。
ドラッグをすすめられて、ダメですよとか泣いちゃう。
ヤクザの幹部クラスも彼女が好きで意気投合。
お互い依存症で飲みに飲んで、そこで聞いた話をもとに芥川賞ゲット。
長年の夢、彼女へ告白するが、
勃つのかこれ、と男性自身をチョンキックされる。
僕はむくむく復活する。いいか、それが僕の夢だ。
明日から南無妙法蓮華経を百倍増やす。大勝利を目指して。
映画鑑賞日記。
みじめな小兵めいた大飯ぐらいのぼくにはしっかりと夢があって、
この映画みたいにミニスカの女性高性のパンツを脱がせて、
そうそうだ、ノーパンでいやがる彼女を気遣いながらデートをしたい。
この映画のように大好きなノーパンな彼女をわるたちに拉致され、
児ポが怖くて手を出せなかった彼女を輪姦しようとするわるに、
ばかやろうと文部省的な説教をしたい。
彼女は気が強く生意気でそんなぼくの説教に協賛してもらいたい。
「不純異性交遊はあくだ」と生徒会長のように宣言してもらいたい。
しかし、風でスカートがめくれノーパンがみんなにばれる。
悔しがりながら
「きみたちの偏差値では覚えられないでしょう」と言ってほしい。

だれにも見せたこともないまっさらな下部を見られ、
「淫乱じゃねえか」と嘲笑される彼女。
「なにこいつ処理しているんだ。ヤリマンかよ」
大事なところをスマホで撮られていることも知る。
大激怒したぼくはビックツモローなパンダパンチ、パンダキックを出すんだ。
わるにはかなわず逆にボコボコにやられてしまう。
地面に横たわりながらかすんだ目で、わるたちに回される彼女を見る。
けなげにも彼女は屈辱を見せないようにビッチのわるい女を演じている。
ぼくが食べたかった初物をわるがそうとも知らず回し食いしている。
後日、ぼくは泣きながらわるたちからその日の動画を購入しろと言われる。
それを泣きながら10万円で買うんだ。お嬢様の彼女と再会してもらうために。
こういう妄想てんこもりの映画はおれのカンヌだ。
「劇場版 教科書にないッ! 3」。括目せよ。