今年あるところでいまさら気づいたけれど、
われわれがいまいる場所は男社会なんだなあ。
社会上層部にいるのは歳を取った男ばかり。
たしかに「想い出づくり」(約35年まえの山田太一ドラマ)の時代から比べたら、
いまは女性の社会進出が進んでいるといえよう。
むかしとは異なりいまや女性の結婚は24歳で行き遅れではなく、
30でも40でもいくらでも口はあるだろう。
しかし、むかしもいまも相も変わらずわが国はマチズモ(男性優位社会/努力絶対主義)。
わたしはこのブログで長らく女嫌いを表明していたが、
実のところ男も嫌いで、なにより人間という生物全般が(自分をふくめて)嫌いなのである。
人も嫌い。男も嫌い。女も嫌い。
みんな嫌いだが(自分もふくめて)、男よりは女のほうが好きである。
いままで女性に助けられたおかげで生きてこれたと言ってもよい。
男性はありきたりで通俗的な説教をするばかりであまりお世話になったという意識がない。
イプセン(女権推進派)よりもストリンドベリ(女性蔑視者)が好きなわたしだが、
そしてこちらはわが国最高のストリンドベリ愛好者(研究者)を自称しているが、
加齢とともにそろそろ変節の時期を迎えてもいいのではないだろうかと思う。
女性と手を組んで小さなところから男性優位社会を変えていきたい。
これは正義とか人権は関係しておらず、
ただただわが人生で女性にお世話になってきたからである。
そして、にもかかわらず、現実を見れば、
社会上層部には古株ぶった男性老人ばかり幅を利かせている。

自分が女連中ともうまくやっていけると思うのは、独占欲がないからである。
あるひとりの女性を独占したいとかさらさら思わない。
そもそもこちらにそんな資格がないことを熟知しているからだろうけれど。
むかし偉くなった男は2人も3人も愛人をつくり、
彼女たちは2号、3号と呼ばれたそうだが、
わたしは女性の5号でも6号でもいっこうにかまわないというほど、
その方面でのプライドやこだわりはない。
おれなんか相手にしてくれるのなら、だれでも女神さまである。
女性を好きになることはなくないけれど、独占したいと思ったことはない。
かえってその当面好きな女性に恋人がいたほうが、
嫉妬心がかきたてられておいしいかなあと。寝取られ妄想みたいの、悪くない。
なんでこうなっちゃったのかわからないけれど、
少なからず16年まえ母から目のまえで飛び降り自殺されたことが
関係しているような気がしなくもない。
あんがい、これもある種の妄想かもしれない。
人が嫌いで女が嫌いで男も嫌いだが、このなかでまだ女はやさしくしてくれる。
だから好きだって、そりゃあ打算が過ぎやしないかと言われそうだが、
みーんなそんなものじゃないのかなあ。
最近ふとテレビを見たとき知ったのだが、いまの都知事はなんでも女性らしい。
ああ、マチズモ男になってひとりの女性に夢中になり身も心も滅ぼしてみたい。
あるいはこのたびの女性愛好宣言は、そういうマッチョ願望の裏返しなのかもしれない。
自分でも自分のことがわからない。
社会のことも世間のことも世界のことも、もう40歳になるというのになーんにもわからん。
去年、職場で休憩時間に自嘲しながら副工場長のコカへ、
「わたしなんか知的障害者みたいなもんですから」と言ったら、
上司から真顔で「いや、土屋さんは知的障害者以下だ」と叱られたことがある。
もちろん、録音もしていないし、本人は言ったことを否定するだろう。
で、それで、わたしが怒ったかというと、そういう話ではない。
ふーん、他人の目にはそう見えるのかと、
納得してしまったという謙虚なぼく話(ばなし)。
外面(そとづら)がいいというのか、わたしは異常なほど謙虚なところがある。
いいのか、悪いのか、うーん。
「土屋さんは知的障害者以下だ」
そのあとにコカから言われたのは「自分が土屋さんを育ててみせる」。
「おれは知られていないが人を育てる名人なんだ。
土屋さんをなんとか立派な正社員にまで育てたいと思っている」

――結果はというと、いきなり工場長から退職勧奨をされてクビ。
しかし、会社サイドは退職勧奨を否定して、自己都合退職あつかい。
当然、失業保険もゼロ。
会社によると、わたしが自己都合退職したという証人がなんでも3人いるらしい。
えええ、退職勧奨は工場長との一対一だったのだが。
で、その証人3人のひとりにコカが入っていたのである。
それが社会人のあるべきすがただが、
コカは当たり前のように部下よりもいま現在の自己の保身を選択した。
それを恨んでいるというわけではなく、まあ人間そんなものだろう。
しかし、コカからは無数の人格批判的なお叱りをいただいた。
「土屋さんは人間を信じていないと言うが、それはダメだ。
おれが土屋さんを変えてみせる。もっと人間を信じろ」とかさ――。
そういう熱血上司が部下をあっさり切り捨てて、お偉い工場長や本社には絶対服従。
よけい人間を信じられなくなったというか、
そもそも人間不信だったから確信を深めたというか。

コカが嫌いとかまえの職場に勤めなければよかったとか、そういう後悔ではない。
あるいはある時期が来たら(因縁時節!)、
コカやあのリネン工場には大感謝しなければならなくなるだろう。
コカからは叱られて叱られてそのあげくポイ捨てされたが、
彼を恩人だと思うときがくるのかもしれない。
いや、いまでもけっこう恩人だと思っているのだが。工場長も知的障害者連中も。
お金をいただきながら、いっぱい社会勉強をさせていただきました。
知的障害者以下の我輩は学ぶことがいくらでもあるのである。
思い込みを捨てたら自由になるが、それがいいのか悪いのかはわからない。
昨日の知的障害者への悪口記事にはまゆをひそめた人も多かったのかもしれない。
なーんて、うそぴょ~ん。うちのブログ、アクセス数はゼロに近いから。
だれも読んでいないと思うと、自分が本当に思ったこと、わが真実を書くことができる。
わたしもまえの職場に入るまでは知的障害者に対して好意的な感情を持っていた。
野島ドラマの「聖者の行進」を真に受けていたわけではないけれど、
知的障害者は純真で天使のような存在で、
周囲にまったく無害な、
それどころかにもかかわらず虐げられたかわいそうな人たちであると。
しかし、実際に知的障害を持つ3人の青年男性と働いてみたら、
現実はまるで思い込みと違うのだから。
仕事でいちばん困るのはミスである。
しかし、仕事とは複数でするもので、
あいだに知的障害者が入るとなにがなんだかわからなくなる。
伝言ゲームに知的障害者を入れたら最初の指示はどう変わるか。
で、ミスが発覚したときに叱られるのは、むろん障害者ではなく健常者である。
わたしは知的障害者に最高敬語のようなものを使って仕事をお願いしていたが、
それでも言うことを聞いてくれないこともあったし、
現場のチーフは知っているだろうが、
お願いを聞いてくれたときは大喜びするくらいだった。
そういう知的障害者でも工場長や副工場長、
つまり肩書が上の人の言うことは素直に聞くのである。
上司が去ったら言われたことをすぐに忘れ、そのフォローを健常者がすることもある。

まあ、わかりやすく知的障害者を説明すれば、
飲みかけの缶ジュースを横にして冷蔵庫に入れてしまうような人たちだよ。
ボランティアで激励や慰安をするにはいいのだろうが、
いっしょに仕事をするとなったらあたまがおかしくなる。
とくに上司が宗教がらみで知的障害者を神聖視していて、
健常者なんかよりも障害者のほうが「磨けば光る」とか盲信しているとねえ。
わたしがいちばん嫌いだった知的障害者の青年は、
ときおり「こんな仕事、辞めてやる」と口にしていた。
いまは健常者でさえそうそう仕事に就けないのに、
人権の王者である知的障害者さまは「枠」のようなものがあって、
いくらでも仕事が舞い込んでくるのであろうか。
「彼の知的障害は治った」と評判(どこで? 学会?)だと上司は言っていたが、
わたしの目を信じるならば彼はどうしようもなく知的障害者である。
最後に言っておく。知的障害は不幸ではない。
なぜなら本人は不幸という観念もわからないし、
たとえ叱られても意地悪をされてもたぶん殴られても1時間もすれば忘れるからだ。
知的障害者は本人はあんがい幸福で、周囲がたいへんな思いをするのである。
新聞もテレビも知的障害者の悪口を言えない。
ならば知的障害者は天皇陛下のような存在なのだろう。
断わっておくが、わたしがうんざりするのは男性知的障害者の青年で、
女性の知的障害者とは接したことがないからそれはわからない。
付け加えると、わたしは天皇陛下はなぜか好きだが、男性知的障害者は嫌いである。
まあ、最後に本音をぶっちゃけると、わたしも知的障害者のようなもので、
これは同族嫌悪に類することなのかもしれない、あはっ。
人(日本人?)を苦しみに追い込むものは「べき」のような気がする。
男性性(男はこうすべき)とか女性性(女はこうすべき)とか。
女性性といえばたとえばおっぱいだけれど、
男はみんな巨乳(デカパイ)が好きというのはあれは嘘で、
わたしはお手頃サイズ(ってなんなの? どのくらいなの?)が好きだ。
男も男で巨根(デカチン)願望(妄想)を持っているものが多いらしいけれど、
(女ではないからわからないが)女も女で
あれのサイズなんかそれほどの問題ではないのではないか。
「大」を求めるのが下級発想のように思えなくもない。
おのれの小ささにコンプレックスがあるから「大」を求めてしまう。
大韓民国とか大日本帝国とか大臣とか大勝利とか、「大」はいかがわしい。
はたして「大」であるべきか? 大家族や大恋愛はそんなにいいのか?
家族愛やら男女愛は世間がこうする「べき」と主張しているものだから、
孤独な人間は苦しまなければならないはめにおちいる。
働く「べき」とか、みな勤勉である「べき」とか、長生きす「べき」とか、
本当にそうかなあ。「べき」は国家的法律ではなく世間法である。
しかし、国家的法律でさえ「べき」に過ぎず絶対性はどこにも見出せまい。
人間はこうす「べき」というのは、疑ってみるのもあるいはよかろう。
悪いのかもしれないが、悪いことが悪いことである「べき」理由はどこにもなく、
それはそれでいいのだといまのわたしは思っている。
思えば、長いあいだ家族幻想、恋愛幻想、長寿幻想にマイッタしていた。
世間常識(=べき!)はたいせつだが、スーパーフリーもまたよろしい。
男ってどうして自分の優位を示したがり、
相手に勝ったとか負けたとかにこだわるのだろう。
女もそうかもしれないけれど、
男はとくに妙なこだわりやプライドを見せるのでうんざりする。
相手を屈服させたいとか、負かしてやりたいとか、勝ち誇りたいとか、
そういうマチズモ(マッチョ/男性的)なメンタリティー(精神性/感覚)のこと。
どうしてかの理由はわかっているのである。
サラリーマンの常識のひとつは、部下を叱るときは個別に呼び出してというものがある。
みんなのまえで恥をかかせてはいけないという、人間としての配慮でもある。
前職の上司、副工場長のコカはそんな社会常識も持ち合わせていないらしく、
女性パートが大勢いるなかで(彼のルールに逆らったらしい)わたしを面罵して
いかにも小勝(こかつ)したという満足げな表情を浮かべていた。
まあ、彼よりはるかに「上」の工場長がいない日だったからそういうことをするのだろう、
とひとつ社会勉強をさせていただいたという、いまではいい想い出だが。
知的障害者でさえ男は女のまえでは威張りたがるし、有能ぶるのだから笑ってしまう。
前職では知的障害者の男性青年でさえ、
女性パートが現われると意味不明の仕事ルールを大声で語り始めるんだから。
そのうえさらにたびたび健常者に大声で意味不明の命令をするんだから、
知的障害者とはいえ男の子は男なんだなあ。
いままで手を抜いていたのに妙にハッスルするとかバッカみたい(あ、知的障害者か)。
どうして男は男相手に見栄というか虚勢をはるのか?
答えは、かんたん。女から評価されたいからであろう。
わたしはそういうマッチョ主義が嫌いで、
前職では女性パートが下に降りてくるとわざと「やる気」をなくしたそぶりを見せたけれど。
まあ、それも女を意識してのことなのかもしれない。
というか、アホな知的障害者(重言?)とおなじことなんかしたくないじゃん。

男性性とかいやだねえ。
相手を征服したいという、最低の知的障害者さえ有している男の動物性。
なぜ男は戦争をするのか? 回答例のひとつは、女がいるからだろう。
男社会はいやだが、むろん女社会もそれほど平和ではないだろう。
男のように戦争ができないぶん、女社会は(よく知らないが)陰湿という可能性もある。
男の子っぽい女の子や、
女子くさい男の子(草食系?)のよさが評価されるゆえんであろう。
わたしは女の腐ったような女々しい男なので、われわれの新時代は来ないかなあ。
勝って損するよりも負けて得をしたほうがいいじゃん。
いまは上下関係がない例のコカがフィリピンパブを好きな理由は、
フィリピーナは「男を立てて」くれるからだという。
「男を立てる」というのは、ものすごい即物的で下品な日本語でとてもいい。
はたして「男を立たせる」女がいい女なのかはわからないけれども。
柔道経験がある女子とか本気を出したら寝技ではそこらの男に負けないのだが、
そういうガチをしたら男女関係が成り立たない不便な事情があるのだろう。
男の願望として気の強い女を屈服させたいというものがあるのだと思う。
しかし、その「気が強い」も「屈服」も演戯なのかもしれないのである。
いかに世間の定めた男性イメージ、女性イメージにわれわれはとらわれているか。
ウーマンリブが大勝利をおさめた新時代の賢い若者は恋愛も結婚もしないらしい。
人生が年々おもしろくなってきているんだなあ。
2013年よりも2014年はおもしろかった。14年よりも15年のほうが。
15年よりもはるかにはるかにエキサイティングだったのが今年2016年。
今年はサイコーにおもしろかった。
この調子だと来年2017年はどれほどおもしろくなるのか怖い思いもする。
生きているもんだ~なあ。すんげえおもしろかったぜ今年。
うっかりしたのは年末ジャンボ宝くじを買い忘れたこと。
高額当選したら死ぬまで読書ニートしたかった。
井上靖も河合隼雄も天龍源一郎も40を過ぎてから本領を発揮した。
まだまだおれもこれからダンヨ♪
2016年はとにかくいろいろあって不安定で刺激的で病的で楽しかった。
来年はもっと来いよ、カモーンと思う。なんでもウェルカムだ。
まえの記事で東芝の電子レンジを買った時期を間違えていた。
昨日壊れた電子レンジはわずか9ヶ月まえに買ったものだったのか。
保証書もなくしたし、これはもうどうしようもない。
運が悪かったとあきらめるしかない。
東芝を恨んだって仕方がないし、
書類をなくした自分の不手際を反省してもいまさらどうしようもない。
答えは、一択。あきらめるのみ。
でも、人間はいろいろあきらめられないから苦しむんだよねえ。
むろんのことわたしもふくめてさ。
で、ときにあきらめポジティブみたいな変な精神状態におちいる。
若くして難病にかかった運の悪い人がさ、
この病気になったおかげで人のやさしさ、
命の重みがわかった、ありがとう、ありがとう、みんなありがとう。
そんなふうに自分をごまかしている難病の人っているよねえ。
そういうブログは一般人の同情を買って、毎日励ましのコメントがつく。
○○さんのおかげで毎日「生きる勇気」をもらっています、とかなんとか。
いやあ、それウソっしょ。難病にかかったのはどう見ても不幸だよ。
不摂生しているやつがピンピンしていて、
健康に気を使っていた人がレアな難病にかかってしまうのが実人生ってもの。
知的障害は不幸。うつ病ならまだしも精神病にかかったのは超絶不幸。
しかし、それはだれが悪いわけでもなく、ただただ運が悪かったという。
お気の毒さまっすねえ。自分じゃなくてよかった、みたいなさ。
3本目の足が異様にビンビンしている大学の同期だった五体不満足のあいつは、
あんがいほんとうに幸福かもしれないけれど。

わたしが失職したのとか、電子レンジが9ヶ月で壊れたのとか、おもしろいっしょ?
ああ、自分じゃなくてよかったという、不謹慎な喜びがわいてきませんか?
ザマアミヤガレってげらげら笑いたくなってきませんか?
さらにみなさまにおもしろがっていただけることを書く。
なーんかグーグル先生か大企業を怒らせてしまったのか、
うちのブログが検索ワードに引っかからなくなってしまった。
パソコンのことはよくわからないが、アクセス解析のうえで、
検索サイトからうちのブログを閲覧してくれる人がゼロになっている。
これもまたどうしようもないこと。あきらめるっきゃない。
10年以上やってもだれからも見向きもされない劣悪ブログなのだから、
いまさらアクセス数のことなど気にしても始まらない。
「希望は戦争」の赤木智弘氏レベルでも脚光を浴びた経験があるのに、
そうだとしたらうちのブログのレベルというものがおのずから知れよう。
ああ、また東芝の電子レンジを買うよ、たぶん。
また1年もしないで壊れたらどうするのかって? そんなのかんたん。
あきらめればいいだけの話。
数ヶ月まえ東芝のパソコンが壊れてデータがぜんぶ消えたときも
(データ保存していない)、これできれいさっぱりしたぜ、
とかその日のうちにあきらめたからね。
うーん、しかし、なーんかもやもやするんだよなあ。
電子レンジが衝撃的な壊れ方をした。
扉を閉じたらいきなりうちのすべての電気が消えた。真っ暗。
懐中電灯なんかねえよ。手さぐりでブレーカー(っていうの?)を上げる。
もしいまなにか山田太一ドラマでも録画中だったら途中で消えていたことになる。
東芝の電子レンジで買ってからまだ9ヶ月しか経っていないんだけれど、
これどういうこと? 東芝にクレーマーしちゃうよ。
まえの電子レンジだって5、6年は平気で持った記憶がある。
保証書なんか、ないない。どっかにいっちゃった。
かりにあったとして修理をしてもらうとしても年末年始。
正直、いまは冬だから1日電子レンジがないだけでもそうとう困る。
げんにいまだって昨日の残りのピザがあっためられなくて、
これはフライパンでいけるのか?
明日また池袋のビックカメラに電子レンジを買いに行くしかないか。
いつ送ってくれるのかなあ。翌日配送で(壊れた)現物引き取りじゃないと困るんだが。
クリスマスもひとりだった。年末年始もひとりの予定。ひとりぼっちの人生。
お先、真っ暗。東芝の電子レンジ、1年ももたず自壊。
さむいよお。さみしいよお。あったかいもんがほしいよお。ひとりだよお。
明日は休みでひさびさに読書に励もうと思ったら、こう来ましたか。
きっとまた東芝の電子レンジを買うんだろうなあ。
東芝のパソコンも数ヶ月まえに壊れてデータがぜんぶふっ飛んだけれど。
電子レンジが壊れると生活できないおのれの軟弱さと、
お先真っ暗なわが身がかなしゅうていまレンジでチンするはずだった日本酒を
つめたいままひとりぼっちで孤独にさみしく、
定職にも就けないわたしがすすっている。つめたい酒を飲んでもひとり、冬。

日記系統のブログを書いていると、いつ買ったかがわかるのでいい面もある。
電子レンジを買った日のこと↓

「なじみの店」
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-4463.html
↑いうまでもなく、お読みにならなくてけっこうです。
大人になるまでガマンする。新卒正社員になるまでガマンする。
課長になるまでガマンする。部長になるまでガマンする。社長になるまでガマンする。
ベンチャーするまでガマンする。定年までガマンする。老後のためにガマンする。
1億円貯めるまでガマンする。1億円貯まったら3億円貯まるまでガマンする。
3億円貯まったら10億円貯まるまでガマンする。
ガマンする。やりたいことはやらない。言いたいことも言わない。
そのうち、ガマンしているうちに、
自分が本当になにをやりたいのか、言いたいことなどあるのかわからなくなってくる。
ガマン、ガマン、ガマン。シンボウ、シンボウ、シンボウ。しのぶ。
いまわたしはお金のためにガマンするということを学んでいる。
ふつう約束を同一人物(同一会社)から、
三度も破られた経験をお持ちの人はいないでしょう。
何日までに詳細を連絡するという約束が二度も破られ、
もう一度逢う必要があるので来てくださいと言われ、わかりましたと答え、
約束を破るまいとかなり計画的に事前行動していたら1時間まえにドタキャン。
約束を破られると、とにかく疲れるのである。うんざりする、げんなりする。
しかし、お金のためには、
そういうガマンをする必要があることをだれかが教えてくれているのかもしれない。
人生で金の貸し借りをしたことは一度もなかったが、今年はじめて人に金を貸した。
父から「金を貸したら返ってこないと思え」
と子どものころから何度も言われていたので、
お世話になった人だし、もういいや、
これまでのお礼ですと思って2万円貸したら、返ってきたので驚いた。
今月になってから3、4回は「ツチヤさんはまじめだから」
といろいろな人からどうしてか言われたが、
まじめやガマンは貯まるとうつ病になるからめんどうくさい。
お金ほしいよなあ。だって、おいしいものが食べられるもーん。
大金はほしくないけれど(うそつけ!)、定収入はほしいような気がする。なんとなく。
ベンチャー企業の大成功者であるK氏はセミナーが好きらしい。
今晩はだいぶもしかしたらご縁があるかもしれないK氏のことをお勉強した。
その過程で気づいたこと。
わたしは聞くよりも読むほうがスピードが早い。
成功者の一代記なら動画を見る(聞く)よりも
文字に起こしたものを読んだほうが手早くあたまに入る。
成功者のセミナーとか時給2千円でも行きたくないけれど、
そういう嫌いなところにこちらの可能性が残っているのかもしれない。
わたしはプライドを私的言葉のほうに依存しているので、
若い人が上司でもへいきへっちゃらである。はいはいと指示を聞ける。
若い人が多いという大宮の仕事もおもしろそうなんだけれどなあ。
社内恋愛禁止だが社内恋愛多数発生のサークル的な会社とか見てみたいなあ。
なぜなら読んでも聞いてもわからないことが、見てわかることもあるからである。
固定観念にとらわれた老人よりも若い人のほうがいいよねえ。
若い女医さんとか大好きだよ。